スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の花 その五

天神さまに行って、それから宇佐八幡宮に行って来ました。

防府の宇佐八幡は大分の宇佐八幡の分社になります。
アレとは比べ物にならないくらいの小規模な神社ですが、伝統行事もあり、シャクナゲで有名で、桜もたくさん植えられています。

山あいの神社は、本当に静かで風情もあります。
その辺の影から、愛想のいい妖怪が顔を出しそうな・・・DSC01876.jpg

休日で人がたくさん集まるようなときには社務所に人がいますが、たいていは誰もおらずに、その代わりに・・・みたいな感じがタップリする風情なんです。

妖怪は、水木しげる先生にたんまり紹介してもらったお陰で、あまり怖くはありません。
愛嬌のあるものが多いですからね。
多くは八百万の神様のなれの果てなので、同時に敬いもしないといけませんね。

とりあえず、この自然に感謝です。
日本の自然は厳しいところもありますが、世界の厳しい自然に比べるとかなり優しい自然だと言えます。
人間や、動物や植物を優しく包み込んでくれるような。
そんな、自然です。

ここには前にも述べたとおり、シャクナゲがたくさんあります。
シャクナゲは「石楠花」と書きます。
「石」は「石神井」と同じで、「シャク」と読み、「楠」は「ナ」と読んで、「花」は「ゲ」です。
曼珠沙華の「華」を「ゲ」と読むのと同じことです。

曼珠沙華とは、彼岸花のことですね。

シャクナゲは、山地のツツジの仲間。
高山にあるツツジは、もう小さな樹、小さな小さな樹でしかないです。
それに比べると潅木と呼ばれる大きさですから、人の背丈より少し大きい高さまで成長します。

ツツジ科は基本的に「樹」です。
ですから、その実はくだものになりますし、バラ科も樹なので、いちごは分類学的にはくだものになりますが、農林水産省の規格では、くだものにはならずに野菜になるそうです。
変なの・・・(;^ω^)

シャクナゲも実を作りますけど、食用にはなりません。
今は、こんな感じでした。DSC01875.jpg

もう、花を開いている樹もあり、週末にはちらほら咲いている樹がたくさん見られそうな雰囲気です。

ここでもアセビがたくさん花をつけています。DSC01869.jpg

4月から5月にかけては、ツツジの仲間がたくさん花をつけますが、山ではミツバツツジがもう花を咲かせていますし、GWくらいにはヒラドツツジがこの辺ではたくさん花をつけるはずです。

今は、アブだとか蝿だとかが天国ですけど、もうすぐ蜂たちや蝶たちが花の周りを飛び交うようになります。
鳥たちも花を目当てにやってくるんだけど、そろそろそれもおしまいですね。
虫がたくさん出る季節ですから。

DSC01868.jpg
さて、桜を載せるのは、これで終わりにします。
花散らしの嵐で、半分くらい散ってしまいましたから。

このあたりは、八重桜は少なくて、だから、もうそろそろ桜は終わりです。
山桜はまだまだ咲き誇っていますが、今はちょっと膝が痛いので、山に登って立派な山桜を撮るのはムリなようです。

ちょっと八重な桜というと、こんなのもありました。
ピンクの花が、綺麗です。DSC01886.jpg

まだまだ桜を追いかけていたいのですが、この週末くらいから、エヒメアヤメが解禁になりますし、宇佐八幡のシャクナゲ、防府大平山のヒラドツツジなども咲き始めるはず。

しばらく花には事欠かないようです。

ワタシも花咲けるといいんだけれど・・・だいぶ枯れちゃってるからなぁ・・・(^_^;)
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。