スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニラバーグ

お肉好きで、野菜が食べられない人のために、こんなの作ってみたんです。

って・・・写真撮っときゃよかったかも・・・

まあ、いいや・・・

自分の城で作ったわけではないので、ちょっとね(^。^;)今度作ったときに、こっそりアップシテオキマス。
でもね~見た目は普通にハンバーグなんですけど・・・

ノーソースで食べられるのが特徴です、もう少し玉ねぎを増やしてジューシーに、でもよかったけど、まあ、これでイイのだ。

野菜を食べて且つ、食べたような気がしないのが一番なので、さらに人参をすり潰して入れる、なぞという姑息なことはやめてみました・・・ってかめんどくさかっただけなんですけどね。ニラを切るだけで、結構疲れたし。



写真がないのが残念ですけど、レシピ

(材料)
合いびきミンチ・・・200g(くらい、多少多くてもイイッス)
ニラ・・・二束(でいいか、たぶん、三束じゃ多い)
玉ねぎ・・・中半個(一個でもいいよ、でもその時はちゃんとソテーしてね)
卵・・・白身一個分(黄身はカスタードクリームにでもしちゃいましょう・・・って何に使うんだ?(ーー;)
パン粉・・・適宜(ってま、生地があんまりゆるすぎない程度に入れたらいいんだと思うんだよね、タブンね)
塩・・・ニラを塩もみするのに二つまみ、調理にひとつまみ
コショウ・・・適宜(まあ、お好みです)
醤油・・・大さじ2(かける代わりに入れちゃいます)
ごま油・・・大さじ1(なくてもできますけど、香り付けに、焼くときに使っても可です)
オイスターソース・・・大さじ2(お好みで増やしてください)
おろしニンニク、おろしショウガ・・・適宜(香り付けに、好きなだけどうぞ、なくても問題はないです)

(作り方)
※ニラをみじん切りにします、まあ、ネギと違ってみじん切りと言っても小口切りにするだけです。根っこのほうだけ切り落としてあとはひたすら、5mm幅に切っていきます。まあ薄いので多少は長くなってもかまいません。

※玉ねぎをみじん切りにします。なるべく細かいみじん切りがいいので、半分に切った玉ねぎに縦に3mm間隔で切込みを入れ、さらに横にも5箇所ほど切り込みを入れたら、3mm幅で切っていきます。

※ニラをボウルに入れ、塩でもみます。しばらくしたら汁が出てきますので、汁を切って、さらに水にさらします。そのあと水気を切って置いておきます、キッチンペーパーにくるんで水を絞ると簡単です。

※玉ねぎを耐熱容器に入れて、500Wで3分ほど加熱します。時間があればあら熱をとっておきます、でも、大抵ミンチが冷たいのでミンチをあっためるのに使えます。生地が冷たいままだと中まで火が通りにくいんですよ。

※ニラと玉ねぎを合わせて、さらにミンチを入れ、卵白を入れ練ります、適当にパン粉やら、塩やら、コショウやら、オイスターソースやらごま油やら醤油やらを入れて、さらに粘りが出るまで練ります。最初なんとなくまとまりなくても、そのうち成形出来るくらいまで粘りが出ますから、頑張りましょう。

※んでもって、あとはあんまり焦がさないよう、両面を焼いて、肉汁を閉じ込めたら、お酒を注いで蒸し焼きにします。


と、まあ、こんな感じですけど、料理をお作りになる人にはよくわかると思うんですが、このタネ、ほとんど餃子のタネなんですよね。玉ねぎをキャベツ(または白菜)に代えて、皮に包むとまんま餃子です。

でもね~ワタシの作る餃子、もう一工夫するんですよ・・・それは秘密
また、次の機会にでも

このブログを書いたあと、結局作ってみました。

ちょっと配合は変えて、あっさり系に。

なかなか美味しかったです。

蒸し焼きにするお酒も、ワインに変えてみました。

あ・・・そうだ、ワイン買わなきゃね~料理にしか使わないから安いのでいいの。

でも飲むお酒も買っておかなきゃな・・・梅酒なんてどうかしら?DSCF0335.jpg
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。