fc2ブログ

まぁったくぅ~

沖縄ってところは、出版物に関しては大変なところでした。

今はコンビニやアマゾンやら使えばきっと早く届くんでしょうが、その昔は3~4日遅れは当たり前、週刊誌などは1週間遅れますし、海が荒れると2週間でも3週間でも本が来ません。

生活必需品じゃないし、二の次、ってことなんでしょうけど、学生のワタシにとって本は生活必需品。
なんとしてでも、なんとか早く手に入れたい。
なんせ、食べるものを削ってでも「本」って思ってましたから、切実なんですよ、ホント。

毎日朝起きてすることは、学校に行くことではなくて、まず、本屋さんのチェック。
まあ、出たい講義、出なければならない講義の時は行くんですが、それ以外は、本屋さん直行。

お店が開くか開かないかの時間に行き、東販や日販から来た包みを外からチェック。
欲しい本があれば、顔見知りの店長さんに相談します。
決して無理矢理抜き出したりはしません。

相談したのち包みを解いてもらい、お目当ての本を買います。
それは、マンガ週刊誌だったり、単行本だったり、小説だったり、はたまた専門書だったりしましたが、毎日のように通ってくるので、そのうち勝手に取り置きしてくれるようになりました。

う~~ん、ワタシって、なんなんだろうねぇ・・・


そおいや、羽振りのいい時は、大人買い3万円とかもしてました。
これがまた、大した本じゃないんですよ、困ったことに。

今はそこまで思い入れがないので、たまに本を選んで買う程度ですね。
話題作にも簡単には飛びつかないようにしています。

話題作は、どうせあとからBOOK OFFに大量に並ぶんですから、それまで待っても遅くはない・・・ねぇ・・・春樹さん
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>