スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パス度

♂→♀に変化する過程で上げていかなきゃいけないもの、それはパス度。
パスとは、見破られないことです。逆に見破られることをリードと言います。
とまあ、この辺はこの業界(?)の基本なので、詳しくは説明しませんけど、まあ、そういうものだと思ってください(笑)

実際に生活していく中で、パス度があまりにも低いと、日常生活に支障が出ます。
まず、おしっこしたくなっても、トイレに行けません。
女装しているんだから、女子トイレだ、と言い張る人は警察に突き出された人に多いみたいですが、パスしてないのに行ったら、騒ぎになっても仕方ありません。
常識ある方は共用トイレをお使いになっているようですが、共用トイレがどこにでもあるかと言うと、そうとは言えませんよね。
トイレという生理的且つ単純な事象においてもパスというのは重要なファクターなわけです。
たとえ性転換してアレを取って、アソコを作ったとしても、パス度が低ければ、お風呂までは厳しいです。

じゃあ、パス度を上げるためにはどうしたらいいか、って考えるとなかなかムズカシイ。
骨格とか体格とか声とか、髪質とかイロイロあるわけですけど、一つ一つクリアーしていって、ってもホントに難しいです。
方向性としては、3つの方向があると思います。



一つは、綺麗な女の子を目指すという方法。綺麗な女の子

この場合、素質がないと不可能です。
背が小さい、体格が華奢、骨が細い、体毛が薄い、声変わりしていない、髪が柔らかくて産毛が多い、顔が女の子っぽい、どれをとっても不可能に近い条件ばかりなので、一般向きではありません。
現実的には、それに近いものを伸ばす、ということになります。
伸ばす方法は、化粧の仕方であったり、発声の訓練であったり、はたまた整形であったりしますが、どのみち尋常でない努力も必要になります。
身体的な素質+精神的な資質・・・諦めない不屈の精神、極端な執着心のようなものが必要になってくるわけです。
ワタシのように、ま、いっか・・・って考えてしまう人には到底向きません(笑)
この方向に進んでしまった場合、ちょっと怖いのが、行き止まりがない、ということですね。
どこまでパスしたら終りなのか?
通り過ぎてしまって、強烈な個性と引き換えに、人間ですらなくなってしまう、ということもないとは言えません( ̄Д ̄;;



二つ目はとにかくパスをすればいい、という方向。

具体例としては、デブスを目指す方向です。デブス

バストもウエストもヒップも同じ数字、太ってるから顔がまん丸で角張っているところが少ない、太っているんだから、腕が太くても当たり前、足首もメリハリないけれど、普通。
女性の特徴を出すというより、女性なのか男性なのかわからなくしてしまうやり方です。
それに加えて、お化粧、髪を伸ばす、体毛を処理する、女性の服を着る、などの女性の記号を取り入れることで、パスしていこうと考えるわけです。
某コラムニスト(怖くて名前が出せません(^。^;)のような人ですね。
妙に悪目立ちはしますが、トイレで困ることは少ないです。女らしくはないけど、男とも断定出来ない、という消極的な方法ではありますが・・・

でも、この方法、悲しいです。
デブスを目指す以上、綺麗になってはいけないわけです。着られる服だって限られてきます。あまり異性(本人が認識する)にモテるとも思えません。
つまり、得るものが少ないわりに、捨てるものが多すぎる方法なのです。



じゃあ、三つ目は何かと言うと、綺麗を伸ばすのではなく、♂の特徴を殺す方法。

邪魔なものは隠し、体型を補正し、多少は努力してダイエットし、脱毛し、声も細く出すようにして、たまには練習する。
ここでも極端な場合は、整形に走る人もいます。
少なくともホルモンを入れての身体改造を考える人がほとんどでしょう。
当然本人の素質でパス度は大きく違ってきますが、精神の♀度の高い人の方が、パス度も上がっているような気がします。精神が肉体を支配する、ということがこの場合も当てはまるのかもしれません。
男性より、女性のほうが他人の評価に対するカンが鋭いところから、的確に何が必要で何が不必要なのかというのを感じ取っているのではないか、と考えることも出来ます。
精神的に♀に近い人が、ホルモン投与によって更にその傾向が助長され、身体的特徴だけでなく、その雰囲気というか、オーラまでもが女性的に見えることを実際に感じます。

どこを殺せば、一番女性的に見えるか? それを考えることがこの方法の一番の近道です。
精神がより♀の人にとっては考えることなく、感じることも可能だと思います、いや、感じ取れるような精神を養っていく(もしくは、その精神に気づく)ことこそが男性の特徴を殺すには一番の近道であるような気がします。

ワタシ自身のことを言えば、着たい服よりも着られる服を選ぶ傾向があります。
肩を出したり、腕を出したりするのはなるべく避けたい。足は出しても大丈夫とか・・・胸はある程度あるからいいとして、ウエストはちょっと絞らなきゃ、ムリな分は下着でカバーするとか・・・
メイクにしても、綺麗だしモデルさん女優さんには似あうけれど、それよりは鼻とか顎のしっかりした自分の顔には似あうのかどうか・・・目鼻立ちがはっきりしすぎてアンバランスなメイクになってしまうのではないかとか・・・イロイロ考えるわけです。メイク


結果的に普通のおばさん、お姉さんぽくなります。普通のおばさん
なんにしても無難な路線に落ち着くからです。気持ちとしてはパス度を上げるために普通にしているのではないんですが、結果的にパス度は上がっているようです。ホントは綺麗なオネエサンになりたいわけなんだけれど・・・(-。-;)
綺麗なお姉さん
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。