スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドトライカー

ヒッチハイク小説第二弾です。
なんか、わけのわからん話になってしまいましたが、このあと、もっとわけのわからん話が控えている(予定)です。
とりあえずは、お楽しみください。


「ちょっと、いい?」
いいとかと聞かれても困るんだけど、と思いながら、ボクは声の主を見つめた。
ちょっと、いい女。
スリムな身体に、黒のライダースーツ。
胸はないけど、こういうのも、悪くはない、だいたい肉感的なのって苦手なんだ。

あれ?・・・でも、こんなヒト、 乗ってたんだ?
ヒトは多くなかったから気づきそうなものだけど、おかしいな。

「・・・いい?」
「あ、はい・・・なんでしょう?」
「なんでしょう? なんて間抜けなこと言ってないで・・・乗せていただける? って聞いたんだけど」
「乗せて・・・って、どこに」
「つくづく間抜けねぇ・・・あなたのマシンに、ってことだけど、ほら、ヘルメットだって持ってきてるし」
と言って、メットをぽんぽん叩いてみせる。
え? バイク・・・この場合はサイドカーだけど、ヒッチハイク?
それにしては、ずいぶん用意のいいことで・・・




「なんだコイツ? って思ってるでしょう、無表情になるからよくわかるわ」
考え事をするとき、ボクは無表情になる、悪い癖だと思っているのだけど、子どもの頃からそうだ、なかなか直せない。
「その癖、あまり出さない方がいいわよ。仕事に差し支えるんじゃない、子どもってけっこう鋭いから」
なんだか、違和感を感じる。
子ども、あれ? 仕事のことなんか言ったっけ、しかもこれからの仕事のことなんか。
言ってない、断じて言ってない。

「ほら、また考え事してる」

ひょっとして、以前に会っている?
しかも、最近に。
でも、全然思い出せない。

「で、乗せてくれるの?」
「え・・・ああ・・・で、行き先は?」
「ああ、そっか、考えてなかった」
「ヒッチハイクなんだから、行き先くらい教えてもらわないと、困りますよ」
「そうね、あなたが今日行こうとしているところまででいいわよ」
「なんでですか? 1日仕事ではないけど、けっこう遠いですよ、中央部まで行くんだから、隣のS市に行くのとはわけが違いますよ」
「いいの、いろいろ積もる話もあるしね」

そう言って、彼女はニッと笑う。
その笑顔に少しピンと来るものがある、でも、少し、限定するには材料が足りない。

「じゃあ、道々、聞きます、とりあえずは乗ってください」
「うん、わかった、じゃあ、メットかぶらなきゃね」
「あ、いや、いいですよ、これサイドトライカーですから、ノーヘルOKです」
「そうなの? じゃあ、インカムはずすから、待ってて」
「インカム?」
「そう、バイクだと大声で怒鳴らなきゃ話出来ないからね」
「そんなに話すること、ないですよ」
「わたしが困るのよ。いろいろ説明しなきゃいけないんだから、ほら、あなたの分のインカム、つけてね」

手渡されたインカムは、なんか心許ない。風圧で飛ばされそうな代物だ。
ゴーグルをつけ、インカムを耳に差し込んでから、耳当てをする。
4月の風は、ここではまだ、寒い。
もう、日差しは痛いくらいだけれど、風は運転を始めなくても、まだ、冷たく、感じる。

「あ、きっと寒いですよ、羽織るものとか持ってないんですか?」
「ダウンジャケットならあるかな・・・一応色は合わせてきたのよ」
どこからか、真っ黒のダウンジャケット、どこか無骨な感じのデザイン。
羽織ると、なんとなくだぶついた印象になる。

あっ、と思った。
会っている、しかも、この間だ。
たぶん、間違いない。
でも、ひょっとしたら、近親のヒトかも、という可能性もある。

「エッと、一戸さん?? でしたっけ?」
「アッ、やっぱり、わかっちゃったか、そうよ、一戸よ。一戸、あ、け、み」
「あきよし、でしたっけ?」
「やめてよ、この姿なんだから、あけみって呼んでおいてくれる、体裁も悪いし」
「体裁悪いって、仕方ないじゃないですか、だって、こないだはスーツ姿だったでしょ?イタリア製、かなんかの高そうなやつ」
「ああ、そうだったっけ? あれ、体型に合わなくてやなのよね。これが本来の姿、だもの。」
「女性だったってこと、ですか?」
「うんまあ、身体はね。今はね。」
「身体はってことは・・・(゚゚;)エエッ?」
「戸籍はね、反対がうるさくてさ、まあ手続きはもう出来るんだけど、儂の目の黒いうち
は、とか言っちゃってさ、うちの親父・・・いや、お父様が・・・」

会ったのは、面接でのことだ。
1対1の面接だった。
母1人、子1人の家庭であること。
生活に困っているわけではないけれど、さほど裕福でもないということ。
早晩働けなくなる母のためにも、出来るだけ早く働きたいということ。修士まで取っておいてそれもないもんだと言われれば返す言葉がないが。

なんてことを話した。
ペーパーテストの結果は問題なかったらしい。ボクの研究にも目をとめてくれたらしい。
何より、心理カウンセラーの資格があるということが決め手になって、採用。
なんでも、採用は2人、だったそうだ。

その時の面接官が、今ボクの横にいる。
変わり果てた姿になって・・・

「着く前に寄って欲しいところがあるんだけれど、いい?」
「いいですよ、まあ、今更驚くことなんかないし」
「やっぱりさ、このままの姿で学校に出るのはまずいから、隠れ家に寄って着替えないといけないから」
「ああ、そう言うことっすか。いいですよ~理事さまのおっしゃることなら、なんでもお聞きしますよ」
「いやな、言い方をするのね」
「事実を述べたまでですよ、それとも、理事長の御曹司様、とお呼びしましょうか?」
「あ~~~それだけはやめて!! お嬢様なら、まだしも」
「じゃあ、もうちょっと砕けた言い方でお呼びしますよ、これから、いろいろ教えてもらわなきゃいけないわけですし、そうですね~先輩、なんていかがです?」
「なんか、とげのある言い方だけど、それでもいいわ。教員の同僚にもなるわけだし、びしばし鍛えるわよ、後輩」
「はいはい、わかりましたせ・ん・ぱ・い」

危うく、平手が飛んでくるのを寸前でよけ、ボクは満面の笑みを返した。
同じように満面の笑みを見ながら、この人はやっぱり笑っている方がいいな、ちょっと問題はありそうだけど、と改めて思った。

旧知の友人のように歓談しながら、サイドトライカーは日本一まっすぐな国道を進んでいく。
目指すは、炭鉱閉鎖で人のいなくなった、田舎町。
全寮制の中高一貫校がここにはあるのだ。

なんか、全国初の試み、なんてプロジェクトを立ち上げたそうな。
それがなんであるかは、また、別の話。

とりあえず、ボクはこの先輩とのおしゃべりと、運転に集中する。
まだ、沿道は真っ白だ、こんなところで事故を起こしては目も当てられない。
4月の北の大地は、まだまだ、寒いのだ。

関連記事

コメント

北海道各地を まんがいんく : 2010/09/26 (日) 12:45:38 修正

転々と転勤したり、旅行したり、なので、かなりの場所に具体的なイメージがあるんですよ。
今度は、温泉の街でも舞台に何か書いてみましょうか?

白鳥の湖が舞台でも・・・いいけど。

北海道で白鳥の湖って言うと、わさわさいすぎて困るかも・・・

ライダーズハウスが舞台の話とかもどうでしょう?

結構リアル~♪ メル : 2010/09/25 (土) 14:44:36 修正

北の大地に住む私には、妄想が目一杯広がります^^

妄想もどんどん広がって、このつづきが・・・
気になってます^^

最近、急に寒くなってきたので、気をつけてくださいね!!

そうそう!!22日に大雪山で初雪が降りましたよ^^
やっぱり例年通りでした(*ゝω・)ノ

でも。。私はついていけない。。
二週間前までは30度。。
現在の温度13度・・・夜は10度ですよ~(ο>ω<ο)サムイ

そんな、きたの大地のお話!!
楽しみにしています(。・艸・)

イメージは まんがいんく : 2010/09/25 (土) 00:24:59 修正

北海道小樽から滝川方面に向かう感じです。学校の所在地は夕張をイメージしてますね。

なんでか、♂→♀のヒトを描いちゃいましたね

 千里 : 2010/09/24 (金) 23:50:28 修正

すごいなぁ…

キャラが立ってて読みやすかった

私のとは全然違うゼ!

こういうのは、元にしている場所とかあるんですか?

ピンチョロさん まんがいんく : 2010/09/24 (金) 23:26:36 修正

草津は行ったことないです~群馬県はあまりにも遠いし・・・

それに胸が目立つようになってからは男湯は行ってません。
女湯に入れるようになったのも最近なんですよ。

今は楽しくて仕方ないですけど、もちろん、温泉が。
ウォッチングじゃないですよ(^0^;)

コンチさん まんがいんく : 2010/09/24 (金) 23:23:10 修正

続きは、書けるかなぁ・・・って思って書きました。
この後の構想が思いつかなかったんですよ。

どーも、文章もまどろっこしい感じでいやだし。
書き直そうかな?

こんばんわ ピンチョロ : 2010/09/24 (金) 22:44:25 修正

聞いてください
先日、草津温泉に行った人(♂)がいて
まんがいんくさんと同じような人が
温泉の男湯に入ってきたんですって!
その方は胸は隠さず
下をタオルで隠していたそうですが
湯船に浸かるときに見えたそうです。
知り合いは嬉しそうに話してました(^^)
まんがいんくさんじゃないですよね(笑)
すいません小説のコメじゃなくて(^^ゞ

 DJコンチ : 2010/09/24 (金) 06:58:14 修正

この話は続き物なんですね?

続きが楽しみです!!
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。