スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1063回「焼き芋は食べましたか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは「焼き芋は食べましたか?」です。今年もあと2ヶ月ほどで終わりを迎えます加瀬の暮らしている地域では、最近になってやっと秋らしい季節を感じられるようになりました。皆さんの街はどうでしょうか秋といえば、やっぱり食欲の秋旬のものが沢山あって、ついつい�..
トラックバックテーマ 第1063回「焼き芋は食べましたか?」



う~~ん、私の中で焼き芋は冬のものと決まっているので、食べてません。
まだ、屋台も見かけていませんし。

と言っても、あんな高いもの買えませんよ。
いくら、おいしいかもしれなくても、絶対買わない。
原価にいったい色がついてるんだか、って思いますもん。
あのサイズ、絶対、元が100円もしてないって・・・

屋台の焼き芋の味、ってわけにはいきませんけど、それに近い味なら、絶対出せます。
キーワードは、遠赤外線

遠赤外線って、遠くから赤外線を当てる、みたいなイメージないですか?
イメージだけだと、そんな気もするんですけど、違うみたいですね。
遠赤外線、って赤外線のスペクトルのさらに外、ってことらしい。

つまりは、赤外線よりもちょっぴり波長の長い、目に見えない光、ってことですね。
あ・・・赤外線って赤い光、とか思ってません?
ちゃいます、目には見えてへんのですよ、人間の。
動物によっては、赤外線が見えたり、紫外線が見えたりするらしいんですけど、人間には見えてません。

まあ、それはそれとして、熱源からは赤外線やら遠赤外線やらが出てます。
赤外線と遠赤外線を比べると、遠赤外線の方が透過率は高いし、エネルギーも大きい。
なので、遠赤外線をあてると、あったかくなるんですね、ってか、近いとあったかいどころか、あちちちちち(~Q~;)

お芋をアルミホイルでぴったりくるんで、ストーブの上に載っけておくと、アルミホイルの中で、遠赤外線があっち行ったりこっち行ったりして、中までしっかり火が通る。
冬はストーブ炊いてるし、特別に調理する必要もないし、これが1番です。なんと言っても、芋の原価+アルミホイルだけで出来てしまうのがいいじゃないですか?

応用としては、ホイル焼きもオーブンやらオーブントースターなしに出来ちゃうんですよ。
汁が垂れないような工夫は必要ですけど、キノコのホイル焼きだろうが、鮭のホイル焼きだろうが、なんでも出来ますよぉ、ホイルを幾重にも使えば、「ちゃんちゃん焼き」だって出来ると思う、え?「ちゃんちゃん焼き」ってなんだって?

そりゃ、その辺の「どさんこ」つかまえて聞いてくださいな。
関連記事

コメント

ニンニクのホイル焼き まんがいんく : 2010/10/19 (火) 23:40:02 修正

おいしそうですけど・・・翌日がコワいですね。
ニンニクの素揚げ、なんてのも好きなんですけど、やっぱり、翌日が・・・

ワタシは今年もお餅を焼くと思います。
ぜんざいが・・・楽しみ(^_^.)

うっ…。 ふじもとりゅう : 2010/10/19 (火) 23:32:50 修正

こんばんは~☆

焼き芋つい…買っちまいますねぇ♪
屋台のチョコバナナは買いませんが(笑)
そっか~、赤外線は赤い色つけてるんだ~!!
最近?のコタツは赤く無いですもんね~。

ストーブって便利でした。
餅焼いたり~♪
風邪引くと母がニンニクのホイル焼きを作って無理矢理…(泣)
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。