スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きいろ・・・きんいろ? こがねいろ?

DSCF1371.jpg

いちょうの黄葉がピークですよ、という話を聞いて撮りに行ってきましたけど、もうかなり散り始めていました。
散ってしまえば、ただの黄色だけれど、日の光を受けて黄金色に輝いて見えました。

まあ、写真の魔術でもあるんですけど、実際にこんなに輝いて見えるかというと、そんなことはなく、少しはこれでも操作しているのです。
ワタシが感じた色はこの色なんですけど、カメラは普通に撮ったらこの色も輝きも出してくれないの。
だから、操作して調整してやっとはじめて見た色が出せました。

いちょうはもみじよりもずっと身近で、いっぱい思い出を残してくれた樹です。
見上げるほどの大木がずっとずっと昔から人の営みを眺めてきていたと思うと、昔の話にも思いをはせることも出来ます。

それにしても・・・

なんで、あんな形をしているのでしょうね、いちょうの葉は?
関連記事

コメント

あけぼうさま まんがいんく : 2010/12/01 (水) 22:58:57 修正

いちょうのは地面に落ちたら黄色だけれど、空に浮かんでいるときは金色だと思いませんか?

 あけぼう : 2010/11/28 (日) 16:37:25 修正

確かに不思議ですよね~。
他にあんまり無いですもんね、あんな形のはっぱ・・・。
それにしても、いちょうのパァーッとした明るい黄色が美しひ・・・(∩´∀`)☆
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。