スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Morning Kiss

カレと抱き合って、おはようのキス。
でも、ホントは苦手なんだ。
朝は臭いが気になって

カレのじゃない
アタシの

いつもはカレより早く起きて、さっと歯を磨いてくるのだけれど、今朝はそんなひまがなかった。

ゆうべは遅くて、疲れてて、泥のように眠りこけて

今朝になって、気がつくとカレが横で寝ていて、そう、こういう風に抱きしめられてて

意外と力強い、緊縛感が心地いい。
でも、でもね
しばらく来れないって、言ってなかったっけ?

「びっくりした」
「ああ」
「来れないって、言ってたよね?」
「ああ」

カレの返事はいつも素っ気ない。
でも、沈黙よりはずっとまし。

「遠いところに行く・・・んじゃなかった?(行かないでほしい)」
「うん、しばらく延期だ」
「早く行ってくれば、いいのに・・・(行ってもいいけど、早く帰ってきて)」
「少し、問題があるからな」
「問題・・・って?」
「まあ、そのうちわかるさ」

2週間後、カレは旅立った。
早く帰ってきて、なるべく・・・そう言うのが精一杯。
アタシの部屋は、一気にさみしくなった。
一日目
二日目
三日目
一週間後
一月後

突然、カレから、電話

「旅行、行こうか?」
「旅行? 旅行って海外、アタシパスポート持ってないよ」
「そっか、まあ海外でもいいんだけどな、今回は国内だよ」
「っても、しばらく長期の休みはないし、有給とれるかなぁ・・・?」
「無理矢理にでも取って来なよ」
「無理矢理って・・・ねぇ・・・」

カレにしては強引な提案。
なんだろう? 何かあるのかな?

「あ~それとさ、市役所に出してきてほしいものがあるんだけどな」
「なに? それ??」
「引き出しの一番上に、オレの印鑑入ってるから、あれ使ってな、悪いけど、書類はおまえの方で書いといてくれや」
「・・・・・」
「それとな、服はな、一番お気に入りのやつでさ。オレもあれが好きだからさ」

それだけ言って、カレは電話を切った。

本当に素っ気ない

明日、仕事を早めに切り上げて、市役所に寄ろう。
たぶん、いつもよりは緊張した気持ちで・・・cosmoswhite3.jpg

関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。