スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子力

女子力ってなんだろう? ってときどき考えます。
ワタシの場合、最初から備わったものでは絶対にないので、多少は身につけないといけない。

女子としての魅力、というなら、ハードルが高い。
やっぱり、ちっちゃいところ、かわいいところ、に魅力があるとしたら、でっかい、ごつい、かわいくない、と三拍子揃っているので、女子力0・・・どころか、マイナスいくら~ってことになっちゃいます。
せめて、顔だけでも、と思って化粧してみるものの、結果的にあまり派手な化粧はしない方が、少しは女に見えるというところに落ち着いてしまっているので、大幅な解決にはならない。

じゃあ、料理がうまく作れる、というのはどうだ・・・

でも、これ、よく考えたら女子力じゃなくて、料理力とでも言うべきもの。
性別関係ないですもん。
料理なんか作れなくたって、一生懸命努力する姿がかわいかったら、それは女子力。
たとえうまい料理が作れても、大胆にばっさばささばいていくワタシのやり方だと、ぜんぜんかわいらしさは感じられません。
ケーキ作りは、気合いだ! 馬力だ!! って言ってるくらいですから、かわいげが微塵もない( ̄。 ̄;)

じゃあ、豊満な肉体で勝負だ!!^^;

って、ただデブなだけですやん。
ちいとは胸があるのだって、基本的に脂肪がつきやすいからに過ぎない。
しかも、筋肉もつきやすい体質らしくてアンバランスなことこの上ない。

あ~~一度でいいから、痩せ過ぎちゃう? とか、華奢でかわいいね、とか言われてみたいもんだ・・・

甘え上手、って言うのも女子力の一つではないか? とも思って、甘えてみるものの、さらっとかわされる。
終いに、気色悪い、とか言われて、傷つく。

ウ~~ン、そもそも甘えるって苦手・・・
この辺は、長子の性(さが)でしょう。
甘えるより甘えられる方が気楽なんですよ。
頼りにされてる、ってことに価値観見いだしたりしますもん。

ウ~~ン、考えれば考えるほど女子力から遠ざかっているような気がする。

あ、そうだ、気配りならできるかも・・・
え~と、でも、しかし・・・

普段仕事上気配りはしているつもりだけれど、ときどきめんどくさくなってすっ飛ばす、ことも多いわけで・・・やっぱり、あかんなぁ・・・

こうなったら、もう、泣くしかないか・・・
エ~~ン。゜(゜´Д`゜)゜。




ちなみにワタシ、見かけによらず、かなり泣き虫です。
言葉責めに非常に弱い。

怒っては、泣き。
感動しては、泣き。
悲しくて、泣き。
さみしくて、泣き。
嬉しくて、泣き。

涙腺、ゆるみっぱなし。

意図的には泣けないんですけどね(;゜ロ゜)
関連記事

コメント

Nyayoさま まんがいんく : 2010/12/21 (火) 23:40:44 修正

う~~ん、そんなに女性らしくありたい、とは思ってないんですよ。
自分らしく、いたいな、とは思ってますけど。

なんにせよ、いろいろ難しいですね

思わず笑ってしまいました Nyayo : 2010/12/20 (月) 20:51:29 修正

いつもワタシが思ったり、悩んだりしているコト
そのままだったので
読みながら、笑ったり、恥ずかしくなったりでした(;*´ω`)ゞ エヘヘ...
ワタシにも「女子力」 ないみたいです(笑)

でも いつでも
女性らしくありたいと思っている気持ちの分
まんがいんくサンのほうがワタシよりも 女子力が高そぅ~(*⌒∇⌒*)v

ちゃりんさま まんがいんく : 2010/12/12 (日) 23:42:08 修正

そうなのかなぁ・・・女、なんでしょうかねぇ・・・

髪染めたので、近々自分写真を久々にupする予定です

虫さま まんがいんく : 2010/12/12 (日) 23:40:49 修正

ワタシもよくわかってません。
一応、自分の中に、女の目線も男の子目線も備えてますので、逆に混乱してます

 ちゃりん : 2010/12/12 (日) 09:03:59 修正

「女」って思わせてるなら女子力があるって事ではないかなぁ、と思ったりします。

 虫@貯蓄 : 2010/12/12 (日) 06:14:36 修正

確かにいわれてみれば女子力って難しいですよね(ノ´∀`*)
自分から目線で見ればいいのか相手から目線なのか、
虫にはどっちなのかいまいち解らないです(;´∀`)
それでも女の子らしく?なるために頑張っているのでしょうね(*´∀`*)

涙腺が緩いのは良い事だと虫は思ったりします(*ノ∀ノ)
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。