fc2ブログ

ウォーキングのススメ・・・なのか、これは?

休日ともなれば、こぞって歩く人達、かく言うワタシもその種類なんですが、みなさん、いろんなスタイルがありますネ。

なぜか、夜になってから出かける人、夏の夜ならまだわかりますが、どの季節でもなぜか夜にしか出かけない。

冬場は暗色系の服が多いですよね、だから、暗闇の中突然人が現れる、という風に車からは見えます。

この時間しか時間が取れないのよぉ、という声も聞こえてきそうですが、それにしても、もう少し明るい時間に出かけられないものかなと思ってしまいます。

例えば、昼下がり、例えば、朝のうち・・・とかね。

いつ見ても危ないないなぁ・・・冬場だったら、こんな寒い時間に出かけなくても・・・とか、思いますね。

なんともならないもの、なのかな?



スポーツ的にウォーキングを楽しんでらっしゃる方もいらっしゃいます。

でも、なんか、ピンぼけ、って感じがすることも。

スポーツとしてのウォーキングには正しいフォームコアストレッチウォーキング
というのがあるようですが、どうもそのモノマネのような・・・

腕を振って、足を上げて、それはそれで正しいフォームです、でも、ペースが・・・遅い、遅すぎる。

運動としてのウォーキングは有酸素運動ですから、正しく呼吸しながら、脈拍数を上げていかなければなりません。しんどいからといって、ペースを落としてはあまり意味がないわけです。

なんだけど、どうにも運動になっていないような感じが・・・

それに、出かけたらすぐに帰って来ちゃう人、最低30分、できたら2時間くらいは出かけっぱなし、というのが運動としての目安だそうですが、15分で帰って来ちゃう。

で、運動したなぁ・・・ってことで、夕飯たっぷり、お酒たっぷり・・・じゃあ、逆効果ですね。



有酸素運動で、歩くのなら、正しいフォームは、しんどい、且つ、恥ずかしいですから、過負荷をかけての運動というのはどうでしょう?

5~10㎏位の荷物を背中に背負って歩くのです。

山登りなどで20~30㎏の荷物ミレーザックを背負うと、それだけで汗が吹き出したりします。足やお腹、背中の筋肉だけではなく、インナーマッスルまで動員して重さを支えようとしているからです。

それくらいの重さを支えて歩くには、それなりの慣れと鍛錬が必要ですので、あまり運動していない人には無茶なことです。

だから、まずはそこまで重くないものを背負って、30分位歩く、その辺が妥当だと思います。

そこで、提案、少し遠目の買物スポットにデイパックを背負って出掛け、買い物後は荷物を背負って歩く、というのはいかがでしょうか?

または、山歩き、坂道歩き、などはどうでしょう?

山登り、登山、となると色々大変ですけど、ちょっと里山を散歩100504_1336~01してみるとか、海岸を散歩してみるとか、川岸を散歩するとか、足場が悪いので、歩く負荷が増します。足回りさえ固めれば、アスファルトの道路を歩くよりも膝や足首には負担が少なくてよいと思うのです。

坂道を目指して歩く、というのもいいですね。

できるだけ、長く、緩い坂道が理想です。



兎にも角にも、歩くとなると、足回りが一番大事になりますね。

できるだけウォーキングシューズミッドカットウォーキングシューズ、トレッキングシューズトレッキングシューズ、トレイルランニングシューズトレイルランニング、などがいいです。

クッションはあるけれど、安定感の少ないランニングシューズは向いていません。

岩場や砂場で足首グキッ、なんてことよく起こりますよ。

歩きやすさと、安定感を両立・・・となると、やはりミッドカットが妥当です。

ハイカットは歩き方を変えなければかなり歩きにくいですし(冬山用の登山靴でアスファルト道路を歩くと、慣れていてもきついです)、ローカットはやはり、グキッ、の危険が増します。

そういう点だと、ミッドカットですね。いわばショートブーツみたいなものですから、冬場も暖かくていいですよ。

アスファルト中心なら、バッシュバッシュなどもいいかもしれません。」



さてと、週末だから、また、歩きに出かけるかなぁ・・・

あ、でも、友達と・・・街歩き・・・かもね、今週は(笑)街歩き
関連記事

コメント

また行きましょう まんがいんく : 2010/05/09 (日) 23:23:35 修正

楽しく、のんびりと行くのがいいと思います。

 麻衣 : 2010/05/08 (土) 23:19:56 修正

実は、私もよく山登ってました~
(インドア派に見られるんですが)
だいぶご無沙汰なんですが、たまーに登りたくなって、
発作的に?ちょっと登ってみたりします。
でも最近全然行ってないですね。また行きたいな~
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>