スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわばしる

石(いわ)走る垂水(たるみ)の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも

あったかいので、こんな歌を思い出しました。

志貴皇子(しきのみこ)の歌です。

河床の石が出ているようなところですから、大きな川ではなくて、渓流です。
流れは速いけれど、そんなに水量が多いわけではなくて、でもちょろちょろって感じでもない。
だって、「走る」んですから。
濁流でも、激流でもなくて、でも、速い流れ、きっと浅いんだと思います。
手を入れたらバシャーッと水が飛び散りそうな。

垂水とは、滝のことなんですけど、滝の上のワラビが見えるわけだから、そんなに大きな滝ではない。
せいぜい、2~4m位の高さじゃないかと思います。
さわらび(早蕨)というのだから、ワラビが新芽を出したところ、まあ、あく抜きして湯がいて食べるのに適したくらいのワラビ(ナムルにすると美味しいですよ、お試しあれ)です。
高さはせいぜい30~40㎝だから、そんなに遠くから見えるわけはない。
だから、これくらいの小さい滝です。
10mも離れちゃったら、ワラビかどうか、わかんないかもしれないですもん。

萌え出づる、ってことは、まだ、ワラビの葉っぱが、一番くしゃくしゃっとしているときで、山菜そばとかに入ってるワラビの先っぽを想像してもらえばわかると思います。わらび

あれが、二等辺三角形の葉っぱになるんですけどね、長さ30~50㎝位の、でも、このときは赤ちゃんの葉っぱです、触ってみてもちょっと柔らかい。

ざっと、こんな意味です。

「渓流の(小さい)滝の上にワラビが芽吹いてきたみたい、どうやら春がやってきたらしいねぇ。」

やっと、長い冬が終わって、春がやってきたなぁ・・・っていう喜びの歌なんです。
みんな春にはやってきて欲しいですもんね。
冬が厳しいほど、なおさら。

ちなみに「けるかも」は伝聞推定の助詞なので、「(聞いた話だと)そういうことらしいよ」って意味です。
あんた! えらそうなこと言ってるけど、見てないんかぃ!?
って、ちょっと言いたくなりません?


でも、本当に今年の冬は厳しい。
連日大雪のニュースばかりだし、実感としても今年の冬は寒い。
ワラビが芽吹くには、まだまだかかりそう。

でも、そろそろふきのとう辺りは芽を出してもいいような気がします。800px-フキノトウの雌株20080407←これ、食用としては育ちすぎです^_^;

この間、京都でふきのとうのお寿司、いただきました。
一カンだけでしたけど。
木ノ芽味噌がかかって、ほろ苦くて、美味しかったです。

母方の祖父の家の裏に、たくさん蕗があってふきのとうも出るんですが、あんまり採ることも、もちろん食べることもなかったんです。
採るな、って言われてました。
やっぱり、トイレの裏だったからでしょうか?
湿っぽくて、栄養があるのでたくさん生えていたんでしょうね。

京都に行きましたのブログの中で音羽の滝を載せるところがなかったので、ここに載せておきますが、ワタシ的には「エッ? これが滝?」って感じでした。
水路からちょろちょろちょろっと水が垂れてるだけなんですもん。
めっさ人工的やし・・・σ(^◇^;)kiyomizu1.jpgkiyomizu2.jpg


やっぱり観賞用の滝なら、30mは欲しいですね。
あ・・・ムリか・・・

清水の舞台だって、30mないかも・・・だし。DSCF1652.jpg


滝の上って、下を見下ろすと本当に怖いんです。
下が見えないことが多いですし(たいていえぐれてるから)、水の流れが落ちる方向にサポートしてくれたり(>o<)するから、足を踏ん張って耐える。
沢登りをして、確保をするときは、まずは手近の樹にロープを回したり、岩にハーケンハーケンを打ったり、フレンズフレンズを噛ませたりして自己確保。
それから、滝口に足をかけて、流れに座り込んでロープを確保して、登って来いよ、って合図を送ります。
滝口に近づくときが一番怖いですね、確保しているとは言ってもね。

5mくらいの滝で滝壺が深いところなら、落ちても何となく平気ですけどね。
あがかないで、流れに身を任せていれば、浅いところまでたどり着くので。

落ちるのは、案外気持ちいいかもしれないんですけど、ただ、見ている分には本当に怖くて・・・
どうにも、登る方が性に合ってるのかもしれませんね。

でも・・・
5mほどの滝を登って、手を出した先に、まむしがとぐろを巻いていたとしたら・・・
アナタなら、どうしますか?



まむし
ちなみに、本当にあったことです。
六甲の小さな沢で、一人でトレーニングしてたときのこと。
そこは小さな流れだったので、滝壺と呼べるようなものはなかったですけど、登って死の危険よりは、足をくじく方がましだととっさに思ったので、迷わず手を離しました。

日本の毒蛇は認知さえしていればそんなに怖くはないですけど、自由に動けない状態では近づかない方が無難です。
まむしって、なんか、(;゜〇゜)はっ! と思ったところにいたりします。
子どものころにも、道の真ん中に生えている樹のすぐ後ろにいたりして・・・もちろん、走って逃げましたよ。

君子危うきに近寄らず。

って、誰が君子やねん!( ̄。 ̄;)

関連記事

コメント

Re: No title まんがいんく : 2011/02/08 (火) 23:09:12 修正

> こんにちは!
> 京都へ行かれたんですね(^^)
> ・・・寒かったでしょ~?!
> 冬の京都、一度行ってみたいと思いますが、今ひとつ勇気がでません。。
> でも、いつか京都一人旅なんぞ行ってみたいです。
今回は一人ではありませんでした。
いつの季節がいいのかと聞かれますが・・・風景は秋がいいんだろうけど・・・
京都を味わうなら、今がいいと思います。
夏は・・・きっと死にます。



> ところで、まむしと遭遇?!
> ・・・・たぶん頭が真っ白になって、固まりそうです。。
> でもそれだと、マムシにやられちゃうし、、やっぱり手を離す事にします。。
岩場で固まられると、困ったりするんです。
昔、3人くらいで行って、なんでもない岩場で恐怖で固まったヒトがいて・・・
固まってますから、引っ張り上げるのが大変でした。

Re: No title まんがいんく : 2011/02/08 (火) 23:05:12 修正

> こちらでは「ハブ」とか「ハビ」とかいいます。
> 産卵前(梅雨の頃?)は牙を抜くために
> 動くものには何でも噛み付くらしいです。コワっ。。
動くものというか、赤外線を発するものにはなんでも噛みつくそうな。
あやつらは、視覚よりピットの方で赤外線を視るらしい・・・

守礼の門の石垣にもたくさんいるみたいですよ。

Re: No title まんがいんく : 2011/02/08 (火) 23:01:03 修正

> 志貴皇子 辺りを持って来られるのは流石と言えざるを得ない!・・とか色々書きたいけど、如何にせん、マムシが頭から離れん!! 私は鼠年だからね・・(苦笑)
ワタシは百獣の王と並び称される、トラですから。
あ・・・大トラではないですよ( ̄。 ̄;)

Re: No title まんがいんく : 2011/02/08 (火) 22:59:39 修正

> 今年の、というか去年の夏
> 暑かったので
> ここら辺でもよくマムシが出てましたよ
> 水辺の近くに出ますからね
> 去年は2人、かまれた人に合いました 
> 痛いそうですよ
> 当たり前ですが  (爆)

痛いでしょうね。
幸い・・・というか、ワタシ遭遇している割には、噛まれたり、刺されたり、ってのが極端に少ないんです。
野生の勘が働くのかもしれません。
噛まれていやだったのは・・・山ダニ・・・くっついて取れなかったのでナイフでえぐりました。

刺されていやだったのは、毒蛾。毒の毛がついて、2週間くらい痛がゆかったです。
スズメバチなんか、遭遇して当たり前だけど、刺されたこと一度もないんですよ。

Re: No title まんがいんく : 2011/02/08 (火) 22:50:59 修正

> また食べ物のお話で 申し訳ないですが?
> ふきのとうの天ぷらが大好きなんです はいw
> お寿司ってのは食べたことがないんですけどね
> ( "・ω・゛)
ふきのとうの天ぷら、美味しいですね。
ほろ苦いから、塩だけで・・・
タラの芽も好きです、癖がなくて・・・こちらは、天つゆつけてちょろっと、ねっ(*^。^*)


> ってか まむしちゃんとか遭遇したことないのですが
> 確実に チビリそうです。゚(゚´Д`゚)゚。
一昨年だったかな・・・ちっちゃいの見ましたよ。
長さが15㎝くらい。
あんまり小さくて迫力はなかったですけど・・・まむしらしく、頭は三角でした。

Re: 世に万葉の花が咲くなり まんがいんく : 2011/02/08 (火) 22:46:08 修正

> 現代文と漢文は大好物でしたが、
> 古文は嫌いでした。
>
> でもこれは万葉集ですから、わかりやすくて好きですね。
でしょう?
でも、原文はもう、万葉仮名やら、漢字ばかりやらで、めっちゃわかりにくいんですよ。
読めねーよ、こんなん!

ってよく言ってました( ̄。 ̄;)

Re: No title まんがいんく : 2011/02/08 (火) 22:41:39 修正

> はじめまして ♡
> リンクされてる【おら カッパちゃん】は、
> 私の村の湖に棲んでいるんです。
> (2日前にはじめて知りました)
春採湖ですね、釧路にいたときはたまに行ってました。


> あなたは知識人ですね・・・
> 桂恋村は2カ月前に興したばかり・・発展途上です。
> ぜひとも、お立ち寄りいただき、
> こうせい~ああせい~これはめとけ・・など
> ご指導いただけませんか??
> これからも、よろしく、おつきあい願います。
>              浜のカモメから

もっといろいろなレポートを聞かせてください。
釧路にはいい思い出はないけれど、自然は大好きでした。
住んでいるヒトも、一部を除き、好きでした。

その一部のために、いい思い出ではなかったんですけどね。

Re: No title まんがいんく : 2011/02/08 (火) 22:37:03 修正

> 卒倒します!!!
> トカラの宝島で洞窟探検していて出口にハブが
> とぐろ巻いてたのにはびびりました(笑)
卒倒しないでください。
卒倒してるうちに噛まれちゃいますよ。

まむしは、神経毒。毒が回ると呼吸困難になって死に至ります。
ハブは、溶血毒。強力な消化酵素と相手を弱らせる神経毒(神経毒だけでは死に至りません)で、相手を溶解してしまいます。失血と合併症で死に至ります。

ハブに噛まれた痕は骨が露出したりして、ひどいものですよ。

No title グラナーダ : 2011/02/07 (月) 22:56:52 修正

こんにちは!
京都へ行かれたんですね(^^)
・・・寒かったでしょ~?!
冬の京都、一度行ってみたいと思いますが、今ひとつ勇気がでません。。
でも、いつか京都一人旅なんぞ行ってみたいです。

ところで、まむしと遭遇?!
・・・・たぶん頭が真っ白になって、固まりそうです。。
でもそれだと、マムシにやられちゃうし、、やっぱり手を離す事にします。。

No title びびっちょん : 2011/02/07 (月) 21:40:52 修正

こちらでは「ハブ」とか「ハビ」とかいいます。
産卵前(梅雨の頃?)は牙を抜くために
動くものには何でも噛み付くらしいです。コワっ。。

No title Lino : 2011/02/07 (月) 18:26:06 修正

志貴皇子 辺りを持って来られるのは流石と言えざるを得ない!・・とか色々書きたいけど、如何にせん、マムシが頭から離れん!! 私は鼠年だからね・・(苦笑)

No title 加夢 : 2011/02/07 (月) 14:43:54 修正

今年の、というか去年の夏
暑かったので
ここら辺でもよくマムシが出てましたよ
水辺の近くに出ますからね
去年は2人、かまれた人に合いました 
痛いそうですよ
当たり前ですが  (爆)

No title ゴキゲン♪ : 2011/02/07 (月) 13:05:54 修正

また食べ物のお話で 申し訳ないですが?
ふきのとうの天ぷらが大好きなんです はいw
お寿司ってのは食べたことがないんですけどね
( "・ω・゛)
ってか まむしちゃんとか遭遇したことないのですが
確実に チビリそうです。゚(゚´Д`゚)゚。

世に万葉の花が咲くなり クリストフ : 2011/02/07 (月) 12:29:49 修正

現代文と漢文は大好物でしたが、
古文は嫌いでした。

でもこれは万葉集ですから、わかりやすくて好きですね。

No title よきちのひろ : 2011/02/07 (月) 10:46:05 修正

はじめまして ♡
リンクされてる【おら カッパちゃん】は、
私の村の湖に棲んでいるんです。
(2日前にはじめて知りました)

あなたは知識人ですね・・・
桂恋村は2カ月前に興したばかり・・発展途上です。
ぜひとも、お立ち寄りいただき、
こうせい~ああせい~これはめとけ・・など
ご指導いただけませんか??
これからも、よろしく、おつきあい願います。
             浜のカモメから


No title てらぞう : 2011/02/07 (月) 07:16:48 修正

卒倒します!!!
トカラの宝島で洞窟探検していて出口にハブが
とぐろ巻いてたのにはびびりました(笑)
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。