スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の壺祭りのナゾその一

コメ皿のおじさん

滋賀から来た、陶芸家のオッサン。

おじさんというより、その関西弁を駆使する姿は、まさに、オッサンである。
河内のオッサンではないが、近江のオッサンだ。

ちなみに、近江というのは「アワウミ」の訛ったモノ。
本来は、「江」で「アワウミ」と読む。
近江とは「近つアワウミ」のこと、近いところにある淡水の海って意味なのだ。
つまり、琵琶湖のことを指しているのだね。

JRで言うと、京都から東海道線を東に向かうと、次の駅が山科、ワコールの本社があったりする。
ワタシもお世話になっている。
こないだから2枚もブラを買ってしまった、これは異例かもしれない。

でもって、次の駅がもう大津である、京都府からもはや脱出である。

ってな感じで、琵琶湖はうんと近い。
近いから、近つ淡海なので・・・中途半端に遠いとなんて言うんだろう? ちょっと気になるところではある。

うんと遠いと、遠江(とおとおみ)と言う。
遠くにある淡水の海って、こと。
今は実は、淡水の海ではなくて、汽水の海である。
淡水の中に、海水が混じっているのだ。

おかげで、うなぎがよく育つらしい。

何でも、黒潮に洗われて、海岸が侵食された挙げ句、海と繋がってしまったらしい。

遠江の国は、現在の静岡県西部、浜松を中心とする一帯をそう呼んでいた。
遠江とは、「浜名湖」のことである。


って、だいぶ、話がそれたが、このオッサン、口が達者。
手も達者なのかもしれないが、やっぱり口が達者である。

つい騙されて、焼き物、買わされそうに・・・あ・・・しまった

秋の米型のさらに続いて、黒い皿も買ってしまった・・・パスタが映えますよ~~とかなんとか。
つい誘惑に負けて買ってしまった・・・

たまに料理もブログにアップしている関係で、こういう誘惑には弱いのだ。

またしても化かされてしまった。

秋には化かされないようにしなければ・・・

たんたんたぬき

たぶん、正体は、信楽から来たこいつだ・・・ってワタシは踏んでいるのだが、どう思うかな?

読者の諸君(今日はエラソウですいません、いないと思って気が大きくなっています^^;)

ちなみに、旅行中もできるだけコメントの返事はするつもりですので、コメントをいただけると嬉しいです。
iPhoneとキーボードで対応します。

関連記事

コメント

かのんさま まんがいんく : 2011/05/05 (木) 07:44:38 修正

そうですね、やっぱり、近江商人ですからね。

草津ならいいですけど・・・湖西線だともっともっと寒くなりますよ。どんどん、北国に変わってしまいますからね。

よっちママさま まんがいんく : 2011/05/05 (木) 07:40:05 修正

結局たぬき以外はいろいろ買いましたよ。
新着ものもぼちぼちにナニゲにブログの載ることと思います。

クリストフさま まんがいんく : 2011/05/05 (木) 07:38:26 修正

ん?
遠江ですか・・・?

地名は面白いですよ。

よきさま まんがいんく : 2011/05/05 (木) 07:24:20 修正

これ、撮れ撮れってうるさいんですよ、この人(;^ω^)

さて、また出かけてきます。

富海・・・ まんがいんく : 2011/05/05 (木) 07:16:58 修正

どうなんでしょう、よくわかりません。
だいたい、とのみって読むのが不思議。
ワタシも・・・って何故か読めるんですよね、これも不思議。

河内のニーチャン クリストフ : 2011/05/02 (月) 05:42:28 修正

普通にためになりました。
いや、ホントに。

No title よっちママ : 2011/05/01 (日) 21:34:22 修正

いいなぁ 旅行♪

う~ん お皿私も買っちゃうかも~~^^

狸だけは買わないようにしてくださいね~^^

札幌で木彫りのクマ買うのと

同じくらいですよ~^^

こんにちは かのん : 2011/05/01 (日) 18:01:24 修正

滋賀に住んでいたころ 冬に実家のある大阪から滋賀に戻る時 京都で寒くなって山科で寒くなって大津で寒くなって草津でさらに寒くなって・・・少しの距離であっという間に気温が下がったのを思い出しました。

そういえば滋賀の人って 口が達者というか 正論ではないけど 聴く限りは間違ってない でも何となくしっくりこない論理を振りかざす人が多いような気がします。
やっぱりタヌキの論理ですかねぇ???

好い写真ですね よきちのひろ : 2011/05/01 (日) 10:49:34 修正

おじさんの写真、いいですね。
あなたの傑作の一つだと思います。
ドラマが皆無のスナップです。
かえって、それがおじさんを浮き立たせています。
【桂恋村モーモー花子】は写真は下手くそですが、
批評には自信と定評?がありますから。

勉強になります 大自然の風になれ : 2011/05/01 (日) 07:49:00 修正

そう言えば、「富海」も 何か云われがあるのですか?
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。