スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころはおんな

DSC05683.jpg
よくワタシらみたいなんが、「心は女よ」って言いますけど、自分でもあまり納得のいく言葉やないですね。

なんでか云うと、自分の心が女って気がしないからやと思います。

ワタシの場合、心が女って言うより、脳が女なんですね。

男女の脳の構造が違うのはご存知ですか?

その前に・・・

身体の性別は、妊娠後そう経たないうちに決定します(染色体の性が身体の性になるとは限りません)が、脳の性別は、性腺の発達を待って、その影響などで決定されます。
脳の性別は、この決定後一生変わりません。
女の子の中で育ったから女っぽくなった、とか言われることがありますけど、脳の性別は物理的・構造的、つまりハードウェアなので、あとからソフト的な要素によっては変容しません。
頭を強く打ったり、脳の出血があったりで何らかの変容をきたすことがありますが、そういう場合以外にはありえません。

男女の脳の大きな違いは、脳梁の太さです。
男性に比べて、女性の脳梁は太いのです。
重さの違いもありますけど、それは脳神経の数ではなくて、物理的な総量の違いで、一概に大きいから頭がイイとか、小さいからバカだとか、そういうわけではありません。
それに、その部分は個人差が特に大きいところなので、まったく概して述べることはできません。

脳梁が太いということは、右脳左脳間の情報の交流が盛んで、結果感情表現が豊かにできる、ということがあげられるようです。
まあ、それも訓練次第では補える能力で、そこが優れているということではありません。
生まれつき、感情の表現が豊かである・・・と言えるにすぎないのです。


という風に、男女の脳の構造は違うのですけど、構造が違う分、思考の組み立て方も変わってくるわけで、その辺を論じた本は多いですね。
あるある・・・って思うこともあれば・・・

そんなんあり得へんわ・・・って思うこともしばしば。

専門家だったり、評論家だったり、全然関係ない作家だったりしますけど、さほど言うことは変わらない。
つまりは、まだよくわかってない未知の分野・・・脳科学。 ってことなんでしょうね。

それでも違うのだけは確かなよう。


で、話を戻しますね。

ワタシの脳の性別は、検査したわけではないので確かなことは言えませんが、女性型だと思います。
でも、物理的ではない「心」が女性型かというと、そうでもない・・・と言わざるを得ません。

心は生活習慣とか周囲の影響を受けて形成されるわけですけど、ワタシの環境だと女っぽくなるはずもない。
だから、身体は♂で生まれて、脳は♀で、心は男っぽい・・・ってことらしい。

よく、オネェ系の人が・・・

「心は女よ」って発言をしていますけど、そう考えるとなんとなくわかります。

身体が♂で、脳も♂で、心が女・・・なんですよね、きっと。
感情や感性の豊かさは、自分で獲得したがゆえに豊かなんだと思うんですよ。

「心は女よ」って言う割には、外見が男のままっていうのが不思議だったんですよね、ワタシは。
でも、脳の性が♂のままだって考えると、そういうのもアリだろうな、って気がするんです。

昔ドイツで・・・

大戦後に男性同性愛者が増えたのは、母親にストレスがかかって、脳の性が♀になったからだ、という説があったんですが、もうまったくデタラメで。
同性愛の方は、その性として同性が好きなのであって、異性になりたいわけではありません。
脳の性は♂のまま、♀にはなっていないんですね。
同性愛者が増えたように思えたのは、戦争の抑圧がなくなって、そういう人達が表に出る機会が増えたからでしょう。
潜伏してたにすぎないわけです。

脳の性が♂だから、自身の男の姿をありのままとして受け入れられるのだけれど、脳の性が♀だとそれをすんなりとは受け入れられない。
いつか、お◯ん◯んがなくなって・・・・・・・って考えたりする。
年齢が増せば増すほど、科学的に論理的になってはいきましたけど、ワタシだってそう思っていました。
あれは、なくなって、自然にアレができるもんだと(;^ω^)

自分で獲得するしかない、と気づいたときにはもう許されない状況になっていたので、ずいぶんトランスが遅れてしまいました。
性格は、女っぽくない、たぶん。
考え方は女でも、行動は男。
女っぽくなよなよしよう、なんて考えたこともない。
感情的になってすぐ泣いたりするのは、脳の構造的なものでしょうし、獲得してきた性格とはあまり関係ない気がする。
男だからって我慢してきたものを、もう女なんだから・・・と思って抑えこまなくなったからすぐ泣いたりするんだと思います。
泣いてはいけない状況なら、泣かないようにコントロールも出来ますし。

男は、女みたいにメソメソしない!! って教え込まれたから逆に、女なんだから泣いてもいいんですよね、今は( *´艸`)DSC05691.jpg


ガマの穂がもうこれくらいになっています。
因幡の白兎で有名なガマですね。
これも花だから、オモシロイ。

なんだか、痩せたアメリカンドッグみたい(;^ω^)

ちょっと、オモシロ写真、載せます。
DSC06280.jpg
この花火、スマイルマークのハズが・・・

(`Д´)

みたいに見えます。

怒ってどーする(^m^;)

少なくとも、笑っているようには見えません。
どこでどうして、こうなっちゃったんでしょうか?


これもなんだかなぁ・・・写真。

タイトルは、「夜のカメラマン」とつけました。
DSC05815.jpg

三脚立てたオニイサンが三人・・・何を狙うんでしょう?

一番手前で写真を今まさに撮っているおじさんはいいとして・・・右手の二人のオニイサンは・・・
なんかの出待ち・・・なの?

待っててたら何が出るんだろう?

一緒に待つのは、実態のない行列みたいで・・・美味しくない店に並ぶお客みたいで嫌だなと思って、早々に退散しました。

ろうそくは結構熱いんですよ。
この辺は、すごい熱気でした。
関連記事

コメント

りんさま まんがいんく : 2011/08/08 (月) 00:02:57 修正

きっと、なるようになる、と思いますよ。

規制されても、修正されてもやっぱり、なるようにしかならないんですけどね。

ワタシもなるようにしかならなかったし・・・

椿山さま まんがいんく : 2011/08/08 (月) 00:01:09 修正

男だけど泣いたっていいじゃないですか?

泣いてばかりいる人がいるとしたら、それは男女どっちだってみっともないんだし。
男だから、みっともなくて、女だからみっともなくない・・・とは思っていません。

単に比較の問題で、男の時より女になった時のほうが素直に泣けるな・・・って思っただけです、ワタシとしては。

kaminomoribitoさま まんがいんく : 2011/08/07 (日) 23:58:37 修正

ワタシも社会的な縛りは嫌いですよ。
それぞれの特性っていうのはあると思うけど、個人差も大きいし。

でもやっぱり、納得いかないオネェ系・・・なんですよ(笑)

こんばんは♪ りん : 2011/08/07 (日) 21:15:05 修正

男はこうだ、女はこうだって、小さい時からの刷り込みというか、洗脳みたいなもんで、違いが出るってこともあるんでしょうね、きっと。
構造が違うんだから、違って当たり前なんだけども。
男も女も、一寸たりとも差別・区別せずに育てたら、そんな大人になるんだろう。
興味あります。
そんな実験ホントにやったら、パラノイアかも(^^ゞ

No title 椿山漸 : 2011/08/07 (日) 21:01:36 修正

がまの花、初めて見ました
これを並べてウサギが横たわったのですね
あの話を思い出す度に、ウサギの皮だけ剥ぎ取ったサメの器用さには疑問を感じてしまいます

自分、男だけど泣きまくりだなぁ・・・反省

No title kaminomoribito : 2011/08/07 (日) 12:29:07 修正

こんにちはです。

へ~・・♂♀って、そんな違いがあるんですね(#^.^#)

ボクはカラダが♂だから♂でなきゃいけないと思いながら過ごしてきましたけど、
まぁ、勝手にそこに縛られていたに過ぎませんね。

ボクは中身はかなり中性に近いかも・・。

『♂だから』『♀だから』って括りが嫌いですし・・(^_-)-☆

betipaさま まんがいんく : 2011/08/07 (日) 11:50:07 修正

訪問・コメントありがとうございます。

ワタシは、女脳だって言われました(^m^;)
違和感がなければ、笑って済ますところでしょうけど、笑えない話です(;^ω^)

笑えない話がワタシの背中を後押ししたのも、事実ですけどね。

弘美さま まんがいんく : 2011/08/07 (日) 11:45:26 修正

素質がある・・・ということではないでしょうか?
脳の性、心の性と言っても、グラデーションですから、どっち寄りか、というのは必ずあることです。
極端にどちらかに偏っている場合に、それが身体の性と反対の性だったりすると、強い違和感が生じるのです。

本当に難しい問題です。
程度問題ではないですから、みんなそれなりの悩みがあるし。

はじめまして betipa : 2011/08/07 (日) 11:29:54 修正

昔、男脳、女脳っていうのを調べるのが流行っていた時、してもらったのを思い出した。
私は完璧に男脳でした。
性別は女ですけど(笑)
でもなんとなく納得。
あるがままを受け入れられる自分でありたいな~なんて思ったことを思い出したわ。
ありがと。

tomoさま まんがいんく : 2011/08/07 (日) 11:05:26 修正

いいえ、当社比ってやつですよ。
絶対的にということではなくて、以前のワタシと比較してということです。

女性がなよなよとは思ってませんけど、男がなよなよするな!! って言われるのは今でも普通です。
テレビの中ではオネエ系は普通かもしれないですが、現実にいるとなると人間関係作るのは特に田舎では難しいです。
だから、表面上はなよなよせず、ごまかしている人が多いだろうと思います。

ワタシは今でも人前では泣きません。
でも、人知れず泣くこと、泣いても構わない人の前で泣くことは、以前より多くなりました。
泣いたら負けだ、なんて考えなくなりましたよ。

No title tomo : 2011/08/07 (日) 09:45:06 修正

>女っぽく、なよなよしようなんて考えたこともない。
男だからって我慢してきたものを、もう女なんだから・・・と思って抑えこまなくなったからすぐ泣いたりするんだと思います。


この事について性別は関係ないと、私は思います。

女=なよなよ、っていうのはどうかと。

女だから泣いてよし、なんて私にはありませんでしたよ、まわりもそうでしたけど。

No title 弘美 : 2011/08/07 (日) 07:42:00 修正

確かに性対象が同性か異性かであるこで男か女かは決められませんね。

自分が女性的であるかどうかの物差しに、脳や心の他に身体も多少は影響あるかと思います。

お◯ん◯んこそ付いてますが、色白でお口の周りを除けば、むだ毛は剃らなくてもほとんどありません。
(だからと言って全身薄毛でもなく、頭や××の周りにはしっかりあります。)
高校の頃、女の子とすね毛や腕の毛の濃さを比べあっても、私の方が薄いことが多かったです。

その上、童顔で華奢な身体してます。
普通なら大人になるにつれ胸板が多少なりとも厚くなるのでしょうが、年齢が進んでも、おじさんのように乳首の周りに少し肉が付いただけです。
周りからも散々からかわれました。

それだけで半分近くは女だと思いました。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。