スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いドレス にのいち

赤いドレスをモチーフにした小説第二弾です。

ショートショートになる予定が・・・短編になってしまいました。
しかも、BLです。

いや・・・自分でもまさかの展開です(;^ω^)
BLのマンガはたまに読んでるんですが、いまだ小説を読んだことはありません。
ちゃんとBLになっているかどうか、かなり心配です。

しかも、初連載です。
いや、一個の話が長くなっただけなんですけどね、ちょうど、明日から旅に出るので、更新をどうしようかと思っていたところなので・・・

では、お楽しみいただけるとさいわいです。

(デブとか差別的な表現がありますが、ワタシ自身のことなので気にしないで読んでいただけると嬉しいです)DSC04525.jpg


「バカ、そんなもん着れるわけねーよ」
「そこをなんとかなんね?」
「無理、ぜってー無理!!」
「ってもさ、こんなこと頼めるのほかにいないんだよな」
カツヤはヒトリゴトのように言う。
「お前、ネーちゃんいたろ? ネーちゃんに頼めばいいじゃん」
「なんかさ、おデートなんだってさ、前の日でも、次の日でもギャラによってはいいけど・・・だってさ」
「あのなぁ・・・だからって、なんでオレなんだよ?」
「ほら、お前って華奢だしさ、タッパもそんなにないし、だいいち姿勢がいいだろ?」
「そういう問題かよ、お前さ」
「頼む! この通り」
目の前で、掌を合わせ、深々と頭を垂れる。もう、顔がぜんぜん見れないくらいに。
「あのな・・・わかってるか? オレは、オ・ト・コ・・・。 お前だって女友達くらいいたろ? こないだ一緒に歩いてんの見たけど」
「いやま、一応恋人だったんだけどな、今回もアイツを連れてくつもりで賭けに乗ったんだけどさ、ケンカしちゃってさぁ、しかもこのことで」
「知らねーよ、説得しろよ」
「ってもさ、着れないもんを着ろってわけにもいかないだろ? ほら、俺ってデブ専だしさ」
そういえば、カツヤの連れていた女性は、お世辞にも・・・だった。好みだから意見するつもりもないし、別にセンスが悪いとも思えなかったが、あまりに・・・な体型は健康を心配したくなるくらいだった。
確かに着れないな、あれじゃ、たっぷり仕立て直しても布が足りないかもしれない。

なぜか、昔からカツヤはこの手の女の子が好きである、なんでも、コーディネイトが楽しみだからだって言う。
細い娘たちは何を着せてもそれなりに大丈夫だけど、おデブな女の子は背伸びしてもいけないし、縮こまっていてもいけない、って言う。
背伸びしたら欠点を助長してしまうし、縮こまってもやはり欠点が目立つばかり、とにかく、ジャストなコーディネイトがあるんだって言う。
俺が、コーディネイターになるしかないだろう・・・って、ナニサマかって感じであるが。

「だいたい、何を賭けたんだよ?」
「学食の食券、一ヶ月分」
「えーと、一食300円くらいだろ? ひと月で諭吉さん一人くらいか、仕方ないからおごってやれよ」
「バカ、相手は五人だぜ。 野郎相手にひと月そんなに出せるかっちゅーの! だいたい、島野たちだぜ、昼だけで収まると思う?」
オレは、ラグビー部島野の太ももくらいある二の腕を思った。
「う・・・そりゃ、無理だな」
「だろ、だから、騙されたと思って」
「何を騙す気だよ、だいたいオレだってすぐバレちまわないか?」
「だいじょうぶ、俺のメイクの腕を信じろ!」
「それが一番信用しきれないところなんだけどな」

カツヤはメイクアップアーティストを目指しているらしく、高校時代から演劇部に呼び出されてはメイクを担当していた。
一度、学祭で映画を録った時も、出演者は男ばかりなのに(機械科だからそんなものだ)、多数の女性出演者がいるように見せていた。
カメラマンの腕がよかったせいもあるが、かなりはカツヤのメイクとコーディネイトのせいだろう。
商業科から女子を借りてくれば? と渋っていたクラスメイトも納得させるほどの出来栄えだったのだから。
関連記事

コメント

kaminomoribitoさま まんがいんく : 2011/08/11 (木) 11:38:48 修正

はい、まだ電車の中なのでたいしたネタはありませんけど、これから集める予定ですよ。

準備もあって寝不足で、でも普通列車の旅は気が抜けないですよ。寝過ごしたり、忘れ物、落し物がしょっちゅうで

No title kaminomoribito : 2011/08/11 (木) 11:23:54 修正

こんにちはです。

あ、旅行中なんすね(^^♪

今頃ブログネタを拾い集めてるんでしょうね(-^〇^-)
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。