fc2ブログ

ミトコンドリア

DSC07404.jpg
なんだか若さはミトコンドリアの数で決まるそうである。
ミトコンドリアって、細胞内生産工場って言われるアレだ。アレっていうのはよくわからないものだから言うのだけど。

とりあえずは、細胞内に取り込んだブドウ糖をエネルギーに変換するらしい。
要は燃やすってことだけれど、細胞の中で燃えたら大変である。
萌えてもいいけど、燃えたらダメだ(;^ω^)
なんだか、ATPがどうだとか習ったような気がするが、そんな昔のことは覚えているわけがない。

さて、女性が長生きなのも、女性ホルモンの影響でミトコンドリアの数が多いかららしい。

どうりでワタシが若返ったような気がするわけである。実際五歳は年下に見られるが、ここにはこういうからくりがあったということだ。なるほどなぁ。

同い年の男性を見ると、えらいおじさんやな、と思うことが多いが、なんだか反則勝ちをしたような気分である。本当はあそこにいたのかもしれないのに。
いや、いたかもしれないというより、何もなければ確実にそこにいただろうと思う。
良かったのか悪かったのかは、たぶん、来世に行かないとわからない。行ってもわからないかもしれないが。

何はともあれ、効果は絶大ということである。と言って普通の男性に女性ホルモンの使用が勧められるわけじゃないけど。同類にだってなるべく勧めないくらいだし。

痛風にも効くし、薄毛にも効くらしいが、副作用の方がキツイそうだし、精神的にもダメージは大きいらしい。まあ、らしいというのはワタシ自身は実感がないからだけれど、たぶん、運がとてもいいんだろう?

男をやめてもいいならお試しあれといったところかな? でも、わけのわからないシロモノになっても、ワタシは責任持てないが。

じゃあ、それ以外の方法はないのか? というとそんなこともないらしい。

ミトコンドリアが活動すると、エネルギー産生の過程で活性酸素が発生して、細胞やミトコンドリア自体を傷つけてしまうそうなので、活性酸素を中和する、抗酸化物質をたくさん摂るといいそうだ。

トマトのリコピンとか、ビタミンCとか・・・たぶん、サケマスのアスタキサンチンなんかもいいんだろう。

酸素は地球上の多くの生物には欠かせない元素で、生物の体内でも、火力発電所でも基本的に酸素を使ってエネルギーは創りだされる。
酸素はどんな元素とでも反応しやすい物質で、反応すると大きなエネルギーを産生する。
これを人間は「燃焼」と呼んでいるわけだね。

酸素は、普通、オーツーと呼ばれて、酸素原子が二つくっついた状態で存在しているのだけれど、たまに、一個だけとかなんて不安定な状態でも存在する、これを活性酸素と呼ぶんだって(ちなみに、三個ひっついた状態っていうのも存在して、これをオゾンと呼ぶ。オゾン層のオゾンだねぇ)。

二個だと割と安定しているから、よっぽど反応性の高い物質でなければ(純粋ナトリウムとか)、温度を上げないと燃焼は始まらないのだけれど、活性酸素の状態だと簡単にどんな物質とでもひっつく。

とっても、魅力的な悪女みたいなもので、旦那を盗られて夫婦は崩壊。
よっぽど安定した物質でなければ、活性酸素によってこの崩壊した夫婦と同じようなことが起きる。
ミトコンドリアも例外ではなくて、自分自身の活動によって活性酸素を生み出し、それによって崩壊してしまう。
そこで、いち早く酸素と反応しやすい抗酸化物質の出番になるわけである。

誰をも誘惑する悪女の前に風前の灯のご夫婦の前にさっそうと現れるイケメン・・・ってところである(笑)

ちなみに、ミトコンドリア自体のエネルギーになるタウリンなんかも、ミトコンドリア増殖には効くそうな。
タウリンって、リポDに含まれているアレ、だけど、基本軟体動物の身体にはいっぱい含まれてるから、イカとかタコとか貝とかを食べればいいってことだねぇ。
といって、アメフラシは食べなくてもいいと思うけど・・・(^_^;)アメフラシ
ナメクジは苦手・・・海ナメクジも同様


DSC07402.jpg

ちなみに、お昼は、ガストに行きました。
平日の昼間って、どうにもひまらしくて、立て続けに二人ぐらい面接の人が来てたけど、最初のお姉さんはいいとして、次にきたチャラそうなお兄さんは大丈夫だったんだろうか?(^m^;)

それにしても・・・ドリンクバー。
マナーが分かってない人多すぎ。

アイスサーバーの前で陣取って、ずっとフレッシュ入れてたり、ガムシロ入れたりしている人(たぶん、フレッシュ三個くらい入れてたような、ガムシロも二個くらい入れたと思う、そんなに入れたら死ぬほど甘いだろうに・・・缶コーヒー飲み過ぎて麻痺してるんだろうか?)やら、サーバのトングを容器に戻さず放置する人(サーバのガラスの上にほったらかしでした、おばあちゃん)やら、はたまたアイスサーバの扉を開けっ放しにする人(行ったら開いてました)やら、その間、一時間足らずだったのに・・・(;´・ω・)

ちなみになんでファミレスにいたかというと、遅めの昼食がてら本を読みに来たので、暑い部屋から逃げ出したってとこ。昼になるとあの部屋、死ぬほど暑いの。
特にこの時期は真夏より暑いかも・・・だって、真夏よりは少し傾いたお日様が思い切り南側の窓を照らすんだもの、窓からは熱風が漂ってくるんだもの。

実はこのブログの下書き、iPhoneで書いたんだけど、本を読みに来たのにケータイをいじってたら意味ないなぁ。
これなら、いっそ、パソコンで・・・やっぱりモバイルWiFiとかあった方が便利みたい。
まあ、なんかやめないとそんな無駄なお金はどこにもないですけどね。
関連記事

コメント

癌ダムさま まんがいんく : 2011/09/22 (木) 21:11:31 修正

ちょっと面倒臭いですね。

う~~ん、どうも生はなぁ・・・

No title 癌ダム4G : 2011/09/22 (木) 00:00:25 修正

人参がメインでリンゴがサブです(笑)
レモンを入れるのは
生の人参には、酵素の働きを止める酵素が入っているので、クエン酸でその酵素を無効にして、養分を活性化させるためのものです。

リンゴは、体内の活性酸素と結合して酸化させることで「活性酸素の除去」に役立てるものですから
空気中で酸化させてしまっては、何の役にも立ちません。

ミキサーは、撹拌する=空気中の酸素と結合させる
ことになりますから、そうして飲むくらいなら
生でかじったほうが、はるかに有効です。

なお必要な酵素は、皮と実の間にありますから
皮を剥くと人参もリンゴもほとんど効果はありません。

レモンは、クエン酸とビタミンCだけが目的ですから
防腐剤などが滲み込んだ皮は剥いたほうがベターです。

癌ダムさま まんがいんく : 2011/09/18 (日) 00:39:17 修正

幸い、ここにりんごとレモンがあります。

ミキサーでジュースにしようと思って買ってきたもの。
りんごは酸化して色が変わりやすいので、レモン汁を絞って入れようと思って買ってきたんですが・・・

どうしても人参入れないとダメですか?
生は苦手なんです(^_^;)

猫玉さま まんがいんく : 2011/09/18 (日) 00:36:56 修正

基本、アメフラシは草食ですから、毒があるということはないでしょうけど、軟体動物とは言えあまり歓迎したくないですね。
陸生の貝類は基本的に食用には適していません、特に野生にものは体内が様々な菌・寄生虫の宿主となってますから、危険です。

スマートフォンになってかなり流暢に文章を操れるようになりましたけど、考えたまま打てるという感覚ではないです。
ワタシ、PCで文章を打つときは考えたまま打ってますから。
ほぼ、考えるのと同時に打つことが出来ます。

手で書くよりも速いです。

ゲルソンジュース 癌ダム4G : 2011/09/16 (金) 18:53:21 修正

食物に含まれる酵素の「抗酸化作用」は、
「がん治療」としても大変有効で
それを利用した治療法が「ゲルソン療法」と呼ばれる食事療法です。

その中心を成すのが
人参、レモン、リンゴを絞った「ゲルソンジュース」で
これを「癌でない人」が飲むと、
端的な若返り&美容効果があります。
(何しろ癌が治るくらいですから・笑)

これをサポート&バックアップする食事が
「マクロビオテック食」で、
気難しい癌患者の、奥さん連中が「文句も言わずに」
食事療法メニューを作り続けてくれるのは
ご本人にも「大きなメリット」が実感できるからですね。

興味があれば、お試しください。

No title 猫玉 : 2011/09/16 (金) 18:09:31 修正

面白い話ですね、勉強になります。
ただ、アメフラシを見て昭和天皇がアメフラシを試食した挙句お腹を壊した事を思い出しました。

携帯は便利なんだけど、PCなどに比べると書きにくいですよね。

マクラさま まんがいんく : 2011/09/16 (金) 07:27:35 修正

もしかするとそうかもしれませんが、あまり関係ないかもしれません。
ワタシも白髪多いですから。

たまにはファミレスもいいものですよ。
特にハンバーグ食べるなら。

No title マクラ : 2011/09/16 (金) 00:59:51 修正

白髪が増えてきたのは、ミトコンドリアの減少のせいでしょうか?

ガストは、数ヶ月前に数年ぶりに入りました。
ドリンクバー…。
滅多に入らないと、戸惑いますね。

みしぇるさま まんがいんく : 2011/09/15 (木) 23:18:06 修正

沖縄だと昆布だしは基本ですよね。
コザの方で家庭教師をしていたことがありますが、そこで出される夕食が中身汁とかチャンプルとかそういうのが多くて、飢えていたワタシは、勧められるまま何杯もおかわりをして・・・

沖縄料理、今でも大好きです。
全然味なんて濃くないんですもん。
ちょっと脂っぽいのものあることはあるけど。

琉大移転前の、寮はいわくつきのものだったんですよ。
あそこには出る、って本当に言われていたし、もともと寮ではなかったみたいで、なんだかわからないミーティングルームみたいなものもあって・・・あそこに出るのは日本兵の霊だとか、いや、内ゲバで死んだ学生の霊だとか言われていました。

まあ、それより恐ろしい先輩たちがたくさんいましたけどね(^m^;)

楠葉さま まんがいんく : 2011/09/15 (木) 23:11:10 修正

パラサイトイブ・・・懐かしいですね。
細胞内共生説っていうのがベースになっているお話で。

昔、ミトコンドリアと細胞核は別々の生物だったと・・・夢中になって読みました。
でも、ゲームの方はちょっと・・・・・・・・・・・・・・・だったかな?

昼下がりのファミレスは、オバチャンたちのガハハ!! も時々気になりますね。
騒ぎすぎやろ~~って思う。
そんなに騒ぐなら、カラオケボックスに行け!!! って言いたくなります。

 みしぇる : 2011/09/15 (木) 23:10:51 修正

沖縄のおばあ達は豚肉や豆腐を殆ど毎日食べているみたいです。
ズシリと重い、出来立て熱々の島豆腐を塩だけでバクバク。
昆布の消費量も日本一。
親戚の百歳のおばあちゃん、皺はくっきりでもシミが少ないんです。
髪の毛もふさふさ。
絶対、食べ物かなあ、と思って、半年くらい食事の記録つけてたことがありました。
毎日、お豆腐、お豆腐、昆布、昆布・笑

琉大移転のお話で大体の年齢が判りましたが
ずっとスリムクラブと同世代かなって思ってました。
おねえちゃんって感じです。

椿山さま まんがいんく : 2011/09/15 (木) 23:06:51 修正

そうですね、まさに日本の里山って感じですね。

原生林と雑木林と杉林のハイブリッドで。

ちなみに、一番高いところにはテレビ塔が林立しています。
これが、防府市の一番高い山、大平山です。

ほかにもシンボル的な山が二つありますが、どちらも中腹と頂上に山城の跡があります。
けっこう歴史のある街なんですよ、ここは。
知らない人が多いけど。

ミトコンドリアといえば。 樟葉 : 2011/09/15 (木) 23:05:41 修正

 パラサイトイブって小説ありましたよね。
 あれも、ミトコンドリアのお話だった記憶が。
 そんな働きをしていたんですね~。

 ファミレスって、もうちょっと気遣いしあえば、楽しく美味しく使えるのに、不思議ですね。

IZさま まんがいんく : 2011/09/15 (木) 23:03:44 修正

テレビでやってたのを自分なりに解釈しました。
基本考え方が理系らしくて、ものすごく文系であるにも関わらず、こういう話が大好物です。

今日のケンミンショーで、琉球大学の教育学部の准教授の先生が出てらっしゃいましたが、アレはたぶん言語学の先生で・・・となると、教育学部五階の住人ということになります(ちなみに五階が最上階です)。

アハハ・・・ワタシの知らない先生でしたが、たぶんいらっしゃるところはワタシがかつて勝手知っていた、あの懐かしいフロアなんでしょうね、と思いながら見ていました。

No title 椿山漸 : 2011/09/15 (木) 22:29:47 修正

一番上の写真、すごく好きな風景です。
日本の里山、って感じで憧れるなぁ。

今日のテーマは… I.Z. : 2011/09/15 (木) 22:26:19 修正

今日のはひときわ勉強になりました。
ボクの不得意な分野なので、とても勉強になりました。

タウリンと聞くと、ついつい「タウリン1000mgっ!」っていう、例のフレーズを思い出してしまいます。
でもその効能は、今日初めて知りました。
ありがとうございました。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>