スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯布院温泉

大分県のチョー有名な温泉地の一つですね。
朝の連ドラでもやったはず・・・タイトル忘れた(;^ω^)
確か渡辺いっけいさんがなんか旅館か何かをやる話だったはず・・・

晴れているととても美しいところです。
だって、由布岳があるもの。
ワタシ、湯布院温泉には三回行ったことがあります。

一回は行っただけ、確かアイスを食べたような記憶がある。
でも、それしかない。

二度目は、オフ会で・・・なんだか振り回された感強かったのと、もう少し時間が取れるとよかったかなと・・・
温泉も一度入ったきりで、落ち着かなかった。

実は今回も足掛けのつもりだった。
何とかたどり着いて、車中泊、というイメージだったのだけれど。

着いたのは七時過ぎ、高速有料道路を乗り継いでやってきたんですけどね、それというのも始動が遅れたからで、当初の予定通り、9時くらいに出れていればなんにも乗らなくてもよかったんですけど・・・まあ、後の祭りってやつです。

ワタシは高速道路ってやつがあまり好きではない。
加えて、関門海峡には鬼門の関門橋がある。
橋は大の苦手で、多分小さい時になんかされたんじゃないかと思うんですよね。
橋の欄干から突き出されるとか、そんなこと。

南アルプスに行った時、どんな難所よりも怖かったのが吊り橋なくらいで・・・水面から大した高さじゃないのに膝ががくがくしましたよ。
渡らないと仕方がないから結局は渡ったんですけど。
橋なんか渡らないで、じゃぶじゃぶ渡渉しちゃったほうがなんぼか楽やでって本気で思ってたくらいです。

今回は、それこそ行き当たりばったりで、地図も持ってないし、事前にルートを調べたわけでもない。
基本あまり調べる方ではないんですが、あんまり走ったことのない道は普通は調べていくもんです。

ちなみに、うちのあ~るくんにはカーナビなど搭載されてはいない。
でも文明の利器は素晴らしいです。
カーナビはなくても、カーナビアプリがある。
うちのiPhoneには、ナビソフトが幾つか入ってはいますが、ほとんど無料の簡便なもので、ナビとしてはあまり使えません。近場の土地勘のある所で特定の場所を探すのには便利なんですが、遠くで知らない土地、となるとさっぱり。
しかも音声案外がないから、画面見とかないといけないんです。
つまりは運転中に使おうとすれば、頻繁にそっちを見てないといけなくて、かなり危険です。

でも、1つだけ、キャンペーンで無料で、本物を一つDLしてあったんです。
それが、MapFanでした。
音声案外があるので、特にわかりにくい場所以外は画面を凝視しなくても聞きながら走っていくことができます。

高速を降りて、宇佐に入って、入ったところが国道ではなくて県道でしたから、もうさっぱりわかりません。
天気も悪いから視認だけでは方向もわからない。
なんじゃこりゃーって思いつつ、MapFanの言うとおり走ります。
高速キライなワタシは、ルート案内をさせるときに高速は利用しない、という条件をつけます。
いや、大分道にスイッチすれば簡単に着くことはわかってたんです。インターを降りてすぐが道の駅ゆふいんだったことも(当初道の駅で泊まる予定でした)。

湯布院は、由布岳の中腹に広がる盆地ですから、当然標高の高いところにあります。
だから、登りは覚悟していたんですが、MapFanの言うとおりに進むと、どんどんどんどん、人気のない細い道に。。
しまいに、前からも後ろからも車が来ない状態になって・・・こんなんで着けるのか? とかなり不安になっていました。
とにかく、ずんずんずんずん登るしかありません。

かなり登って、舗装されてるんだかないんだかわからないような道路になってきて、ようやく前にトラックらしきもの。
ん? でも・・・

なんだか、車幅が広いです。
色は、カーキ色。

え・・・?

自衛隊車でした。
いつの間に、公道でないところに迷い込んでしまったのか・・・と錯覚しました。
それくらい、現れる車現れる車が、自衛隊の車で。
ああ・・・このまま前後を挟まれて連行されてしまうのか・・・

って・・・んなわけはありません。
腐ってもカーナビなんだから。
つまりは、湯布院に駐屯地があるってことです。
駐屯地の近くにはそれこそ何もないので隊車ばかり走っていた、とまあそういうわけです。
(ちなみに、湯布院駐屯地のお風呂は、湯布院なので温泉らしいです)

問題は・・・

なんだか知らないけど、下りなのに隊車のスピードがやたらと遅いってこと。
いやもう、安全運転というレベルではございません。
だって、30km出てないんですよ、ブレーキべた踏みなんですよ、だって結構傾斜あるんだもの。
遅いけれど、カーブが多くて見通しが悪くて抜くに抜けません。

ようやく、ヘアピンカーブのところで、見通しが良くなったので(谷底に向かっていくので見やすくなったんです)、インから抜かされてもらいました。
あ~~いらいらした。

すでに累積で疲れがたまっているのに、最後の最後でどーっと疲れて・・・
温泉に入ろうにも、どこで入ったらいいのか、さっぱりわからず。
食事しようにもどこでご飯を食べたらいいのかもわからないし。
着いたのは六時半ころでしたけど、案内所らしきところは全部閉まっていて、もう右も左もわかない状態なんです。すでに真っ暗だし。

とりあえず、ガソリンだけ入れてトイレだけ借りて、道の駅で寝るところを物色。
でも、心がちょっとだけ折れていたんですね。

結局、カーナビを終了して、宿泊案内のサイトを立ち上げて・・・

で、見つけたのがこの小さな宿、だったんです。DSC07573.jpg





ここは、民家を改造した・・・いや、改造すらしてない、宿です。
もう、普通の民家そのもので、鍵を取り付けたのと、全室にエアコンを設置したくらいが改造点でしょうか?
台所も普通で、食器やら電子レンジやらオーブントースターやら冷蔵庫やら、普通の家にあるのと全く同じで。
IHのコンロが一個置かれてあって、簡単な食事といいますか、手馴れた人ならパパっと一汁三菜くらい作れる感じ。

湯治宿ではないから、昼間の滞在はまた別料金がかかるそうですが、お客さんの少ない時なら、交代の貸切のお風呂は独占できそうです。

湯布院のお湯はわりあい何の変哲もなく、無色透明な柔らかいお湯で、入ってもピリピリする感じがありません。
そのぶん、本当にのんびり使っていることができて、一時間くらい湯船を出たり入ったりしていました。

運転で緊張していたのが、どっとほどけました。
肩が楽になった気がしました。

清潔な涼しい部屋で、温泉に入ってゆっくり寝られる。
確かに、夕食はわびしいスーパーのお弁当になったけれど、そのぶん安く済んだし、朝食も飲み物も買い込んでくることができたし、しかも冷蔵庫もあって、その上温泉は貸切だ・・・

いや、3000円はぜんぜん惜しくないです。
布団を敷くのは自分でやったけど、上げる必要はないとのことでした。
ユースホステルで慣れたワタシ、そういうのは全然苦痛じゃないんですが・・・テント撤収のほうがずっと大変だしね。

湯布院の外湯の貸切は最低でも1000円以上はするでしょう?
たぶん、もっと高いと思います。
温泉を貸切るだけで3000円はするかもしれません。

やっぱり、泊まって二回貸切って3000円は、宿がどんな状態であっても、食事とかなくっても、断然安いです。
また、泊まりに行きたいところが増えました。CA3H0274.jpg


明日は、熊本の黒川温泉・小田温泉に向かいます。←この辺は石丸謙二郎になったつもりで読んでください(。´∀`)
関連記事

コメント

Re: No title まんがいんく : 2011/10/05 (水) 23:52:14 修正

ええ・・・それまでの疲れはなくなりました。

でも、佐賀からの帰りでまたどっと疲れました。
高速道路はやっぱり苦手です。

椿山さま まんがいんく : 2011/10/05 (水) 23:50:48 修正

そうでした、そうでした。

確か、ライダーが二人も出ている・・・( ̄ー ̄)

仮面ライダー1号(仮面ライダーFIRST版)と仮面ライダーエターナル(劇場版仮面ライダーW)の・・・(;^ω^)

そうそう、あきらめないでっ! の人がお母さんだった。

今度は高速道路で堂々と乗り込もうと思います。

温泉、いいですよ。
大学生になったら、オフロードバイクで露天風呂巡りとか楽しいと思いません?

No title 順子 : 2011/10/05 (水) 20:02:42 修正

以前に、別府の野湯付近で惨忍な事件がある少し前に別府の野湯を制覇しそして由布院の池の近くの外から丸見えだったけど真昼間に一人っきりだったけど共同浴場を堪能いたしました。その時は別府泊まりだったけど湯布院は良い所でした。
のんびり出来てよかったですね、疲れも吹っ飛んだでしょう。

No title 椿山漸 : 2011/10/05 (水) 00:10:19 修正

風のハルカですね。
それで湯布院を知りました。

本当に良さそうな宿ですね。
大学に入ったら、九州旅行に行きたいなぁ。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。