fc2ブログ

トラックバックテーマ 第1319回「見ていたら時間を忘れてしまうもの」

DSC08347.jpg

トラックバックテーマ 第1319回「見ていたら時間を忘れてしまうもの」



焚き火、滝、川の流れ、森。

とにかく、目を凝らして何かを見つけようとします。
何でもない光景が、素晴らしい光景に変わる瞬間、というのを見極めようとします。

カメラを持っていると、とにかくこれだ、と思うところでシャッターを切り、それが延々と続きます。
時間なんか気にしている余裕はありません。

時間よりも、身体が耐え切れなくなったときに、やっと行動終了です。
例えば、ものすごく疲れたとか、ものすごくお腹がすいたとか、ものすごく眠たいとか、ものすごく寒くなったとか。

写真を撮る場合は、光の関係があるので、思うような光がもらえなくなったら、写真を撮るのをやめます。
自然の光の中での撮影は、その光の関係があるから。

沈む太陽も時間を忘れますね。
もう、沈んでからもずーっと見てます。
それが素晴らしい光景であればあるほど、それこそ真っ暗になるまで。

稚内に住んでいたときは、利尻の肩に沈む夕日が好きで、車を走らせてサロベツ原野まで毎日のように行って・・・
でも、稚内の緯度は北緯45度、白夜ではないけれど、夏は日がなかなか沈まない。
夕焼けが終わって、紫の空が延々と続いて、暗くなるのはやっと9時前。

かれこれ、6時くらいからそこにいたから・・・結局3時間ほども。

お腹がすいてお腹がすいてやっと・・・でも、家にもご飯はない。
こういう時はコンビニ弁当でした。
今ほど、おひとり様が得意ではなかったのです。
いつも、家族ワクワクSeicomart(*^_^*)

時間を忘れる場所といえば、本屋さんにレンタル屋さん。
もう、TSUTAYAなんかダメですね。
どっちもある。

ワタシはよっぽどのことがない限りはDVDなどの映像ソフトは借りません。
音楽は聞かなくても、とりあえずデータとして残しておけばあとで聞くだろう・・・って思うのですが、映像は見ないとそのまんまになります。
100円セールだとか、まとめて1000円だとか出されると、見ないものまで借りてしまって、時間があれば見るんですが、結局時間なくてそのまま返したり。
データに落とすことももちろんできるけれど、それはまず間違いなく見ないので、とりあえずタイムリーに見るものを借りるのが難しいから借りないのです。

で、もっぱら借りてくるのが音楽ソフト。
映像と違ってデータが軽いですから、変換するのもあっという間で。
5枚借りても10枚借りてもそんなに苦にはならない。
だから、聞かないかも・・・ってものまで借りては来るんですが、それにしたって、むやみやたらと借りても仕方がないので、5枚1000円なら、とにかく置いてある範囲でじっくり選びます。
そうするといつの間にか時間が経っているのにも気づかないまま、同じことを本のコーナーでやるわけです。

コミックとか中身が見られなくなって久しいですが、その分、表紙などから読み取れる情報を総動員して中身を想像していると、それだけで時間を忘れたりする。
だから、表紙の装丁って大事なんです。
表紙だけで退いてしまうような本だと、ちょっと買えない。

こないだ、ちょっといいな、と思った本があって・・・これ

夏への扉、新訳版。夏への扉

その昔、ハインラインも好きだったんです。
でも、これが一番。
基本ラブコメが好きなワタシ。
興味のある方は、どうぞ。
昔のSFですけど、十分面白いと思いますよ。
猫好きの方にも、ぜひ。
まずは、この歌から

猫への扉、となってますが、この歌が山下達郎の「夏への扉」です。
達郎さんの、この物語へのオマージュとなっています。
アマゾンで調べたら、600円くらいで中古ならあるので、買っちゃおうかな?もう、何回も何回も読み返した本ですけどね。
赤毛のアンも買ったしね。

右田ヶ岳
なんだか、明日六時からユニクロ開くとのこと。
まさか、こんな田舎まで、と思って調べたら、やっぱり開くらしい。
先着300名で3000円以上お買い上げの方、特製ブランケットを進呈・・・なんだって。
まあ、ブランケットはいらないけど、話のネタに行ってみるのも面白そうです。
ただ、問題は・・・起きれないかなぁ・・・(;^ω^)

朝食は摂らないとしても、朝起きて出るまでに最低30分くらいはかかるし、そんなに遠くないとはいえ車で5~10分くらいはかかりそうだし、ホントにそんな朝早くからお客さんが来ているとしたら、駐めるのにさらに何分掛かることか・・・

なので、行くならまあ、5時起きくらいはしないとダメでしょう。

確実に行くためには、寝ないことだ・・・

って、そこまでする意味はないですね。
所詮話のネタ、ブログのネタ。

でも、このブログ、ネタ命だったですよね?
やっぱり、早起きしかないかぁ。

どうにも、のどが痛いし、外科の痛み止めは切れたし、病院のはしごもしないといけないのに・・・明日はまだ雨らしいし・・・

午後から寝てればいいけどさぁ・・・

小説も書くんだったよなぁ・・・

何となくこの週末も忙しそうです(。´∀`)
関連記事

コメント

よきちのひろさま まんがいんく : 2011/11/19 (土) 23:48:55 修正

無理しているつもりはありませんが、やっぱりムリをしているように見えますか?

ピリカ・おばんでした よきちのひろ : 2011/11/19 (土) 19:52:17 修正

色々な事情がありますから・・無理は云えませんが・・
アイヌモシリは惜しい人材を西国に手放したんですね・・
やるべきことはたくさんあるんでしょうが、無理だけはしないで下さい。
才能は宝物ですから、無駄に使うことはありません・・

ビリーさま まんがいんく : 2011/11/19 (土) 19:42:57 修正

そうです、昔は「アンの・・・」ってシリーズをどんどん読破していったのを思い出します。

竹内まりあさんの曲はいいですけど、結局達郎さんの声も聞こえますよ。
アレンジがほとんどそうで、コーラスもほとんどそうですから。

hinataさま まんがいんく : 2011/11/19 (土) 19:40:04 修正

つい懐かしくて、結局Amazonで注文してしまいました。
中古で800円弱、送料も含めて。

また、昔の郷愁に浸りたいと思います。

こんにちは ビリーさん : 2011/11/19 (土) 14:31:02 修正

やっと月曜日ぐらいから普段の仕事ペースになります。
今日は雨降りで少し時間がとれたので、じっくり遊びに来ました。

まんがいんくさん、前から聞こうと思っていたんですが、赤毛のアンファンなんですか。
たびたび記事の隙間に名前が登場するので♪

この秋のイベントのあいだ隣りの出店者が一日中山下達郎の曲流していて、もういいかげんに
セイヤ、たまには竹内まりやでもかけてみろ、という感じでした。
けっこう8日間で曲憶えましたよ。

No title hinata : 2011/11/19 (土) 12:25:54 修正

はい、猫好きです( ̄m ̄〃)

「夏への扉」。
たしか我が家にあったはず。
ずいぶんと前に読んだんですけど。
何だかもう一度、読み返してみたくなりました。

達郎さんの声と、猫たちに。
しばし、癒されました。。。
ありがとうございます♪
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>