スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連チャンで行きます

DSC00414.jpg
思わず、砂ぼうずかと・・・(^_^;) こういうやつですが・・・(*^m^)16.jpg

ねッ? 似てるでしょ?

連載なので、引き続き載せます。
次は、また次の週末かしら。
そうそう、書けないですけど、もしかしたらもうちょっと引き続き書けるかもしれません。
だいぶ、最後が見えてきましたが、結末がどうなるかは、まだ迷っています。
主人公たちを不幸にはしたくないんですが、もしかしたら不幸になってしまうかもしれません。

たぶん、このお話、人物が独り歩きする予感がします。
一応ワタシが考えてるはずなんだけど、手綱を締めておかないとどんどん勝手にあらぬ方向に行ってしまいそうで、収集がつかなくなったらお前たちのせいだぞ、と非難しなければいけないかもしれません(^_^;)

でも、結局はワタシの中のコビトさんが怒られるだけなんですが・・・

今日は、というか、もう昨日ですけどホントに何もしませんでした。
夜になってから買い物に行き、食べるものを買い、ガソリンを入れ、あとで忘れた、と思って別のスーパーで生クリームを買い。

でも、チョコは買い忘れました。

もうすぐバレンタイン。
今日はチョコケーキお試し版を作る予定だったのに、予定は未定、何もする気が起きなくて、それでもお話だけは書きました。
頑張ったから褒めてくれー、って言いたい気分です(;^ω^)

ふと、生クリームの消費期限を見ると、2.14・・・そっかぁ・・・なるほどなぁ・・・2/14までには作れよ、ってことだな。
って、今年の2/14って何曜日だっけか?
ま、いいや、がんばろ。

朝からまた仕事だぁね。DSC00269.jpg


マサキの不安が高まっているのは分かったが、ボクにはどうしようもなかった。
ボク自身、知らぬ土地で不安でたまらず、しかもマサキにああ言ったものの、実際にボクの行く高校は、最初に受験した高校よりもだいぶんレベルの低い高校だった。
編入という方法もあったのだろうけれど、それだと我々とかなり長い期間離れることになると両親が反対し、結局二次募集のあった高校を受け直すことになって、でも、二次募集のかかった学校はあまりなく・・・

結局、ボクの通う丹北高校は有名私立受験にはほとんど縁のないレベルの学校で、授業も生徒の質もそれなりの学校だった。
授業には楽々とついていける、のは当然で、マサキがおそらくは受けるであろう大学のレベルに達するには学校の勉強だけではもちろんダメで、塾や予備校に通い、夜遅くまで勉強し、それでもボクは不安を払拭出来なかった。

これだけ勉強しているのだから大丈夫、と誰も保証できるものはいなかったからだ。

アルバイトは制限がかかっていたものの、別に禁止ではなく、だから、クラスの1/4くらいはアルバイトに精を出していて、そのせいで遅刻や早退、という者も多かった。
勉強しなければという気持ちと、夏休みくらいはマサキの顔を見たいという気持ちとが葛藤していて、アルバイトに行くクラスメイトを見るたび、ボクの心の中で悶々とした気持ちが沸き上がってくるのだった。

夏休みに入って、どうしてもアルバイトをしたい、と親に告げると、ちょうど取引先の書店が男子学生を募集しているとのことで、夏休み中と休日だけ、という条件でバイトをさせてくれることになった。
もちろん、勉強はちゃんとやること、と釘を刺されてのことで、しかもバイト料はあまり期待できない、とのことだったが、旅費を稼ぐだけなら十分なバイト料にはなる、とボクは喜んだ。

仕事は、入荷した本を点検して、店に陳列し、棚の整理をするなどの簡単なもので、レジ打ちなどはやらせてもらえなかった。
入荷本の点検・陳列は朝に一度あるのみで、ボクはバイトの終わる三時まで一人棚の整理をしたり、近場まで本を届けたりして過ごした。
棚の整理は別に難しいことではなくて、間違ってしまわれている本や、乱れて置かれている本を陳列しなおしたり、背表紙を揃えたりするのが仕事で、実のところ万引き抑制のための警備員の代わりとして雇われているようなものだった。
監視カメラを増やせばいいようなものだが、結局監視カメラの監視に人を割かれるので同じだと学生バイトを欲しがったらしい。

かなり退屈な仕事で、ボクは、職場に単語カードを持ち込んでそれをときどき盗み見ながら仕事を続け、予備校の夏期講習にも通い、なんとか相応のバイト料と学力をためこむ頃には、夏休みは残すところ一週間となっていた。

計画はその間も水面下で着々と進行していた。
マサキに連絡を取り(と言っても、毎週一度は電話をしていたのだが)、姉に連絡を取って宿泊の許可をもらって、新幹線の切符を・・・というところで、思いとどまって、オークションで青春18きっぷを購入した。新幹線は速くていいのだけれど、バイト料の殆どを使ってしまって、活動の資金がない、と思ったのだ。
残り2回の限定で、二日間はJR乗り放題、ただし普通列車だけ。
東京と神戸の間なら朝出れば夕方には着くはずだから、一週間全部使いきるなら、5日間は向こうにいられる。

お金は振込か、手渡しで、ということで、さいわい同じ市内で、ボクの書店からほど近い元町のマックで待ち合わせということになった。

それじゃ、二時にマクドでね。 こっちはおばちゃん二人組で、一番奥のボックス席取って、顔見たら手ェ上げるからちゃんと気づいてや


と、それだけの文面で・・・ボクは「マクド?」と首をかしげたが、少し考えてマックのことだな、と思い直した。顔写真はわかるようにと、送ってあった。

バイト先で、昼休みをパスさせてもらって、ボクはきっかり二時にグウグウなるお腹を抱えてマックに到着した。
おばちゃんというから、母くらいの年齢の女性を想像していたのだけれど、実際は30代前半と言うところで、ボクの年齢を鑑みておばちゃん、と言ったのだろうと想像ができた。

「なんか顔色よぉないみたいやけど、どないしたん?」
「せやせや、うん、気分悪いん?」
小柄な方の人が、ボクの顔を覗き込んで言った。フッと、香水の香りがかすかに横切る。

「いや、別にどうもないです、ちょっと何も食べてないんで」

「そらあかん、男の子はちゃんと昼ごはん食べんとなぁ」
「ほんまや、ほんま、ここはほら、オネエちゃんがおごったるから」
「オネエちゃんてな、あっつかましぃ~おばちゃんやろ、おばちゃん!!」
「おばちゃん言うな、そんならあんたかておばちゃんやんか!? 同い年なんやし」
「ちゃいますぅ~アタシのほうが、学年いっこ下ですぅ~」

そのまま、その掛けあいは止まりそうになかったので、ボクは遮って言った。
「いいです、バイト料も昨日貰ったし、自分で払いま・・・」
背の高い方の人がボクの言葉を更に遮って言った。
「ええって、うちら社会人やしなぁ、これもなんかの縁やねんし、払わして。まあ、マクドのセットくらいで恩に着せたりせえへんし」
「せやで、このおばちゃん、この冬に結婚するとか寝言言うとるさかいな、浮かれてんねん」
「あんなぁ・・・もう、エンゲージリングももろた言うてるやろ、今度見せたろか? それにな~おばちゃんちゃうって何度言うたらわかんねん!!」

その後もその掛けあいは続いて、ボクは更にちょっとグッタリしたが、お腹がくちくなってようやく気分も落ちついた。
おしゃべり好きなお姉さん二人は、その間にボクをさんざん質問攻めにし、東京に行くこと、好きな人に合うことなど、あらかた聞き出してしまっていた。
マサキの詳しいことを言わないようにするのがやっとで、他のことに気の回らなかったボクは、結局きっぷを手渡されて、代金も払わないまま二人と別れることになってしまった。

あとで、メールをすると
ああ、うん、久しぶりに青い春の話聞かせてもろたから、代金なんて安いって。三千円くらいやもん、そんなんうちのカレシに出してもらうからトントンや。それより、東京行ってガンバリィや。応援してんで

と、返事が来た。
後ほどまた根掘り葉掘り聞かれるのだろうと思ったが、不思議に気分は軽かった。
関連記事

コメント

No title まんがいんく : 2012/01/24 (火) 08:52:10 修正

そうですね、ワタシも境目が気になります。
と言って、西が必ずマクドなのではなくて、またどこからかマックに変わります。

その境目も知りたいですね、岡山あたりが怪しいと睨んでいるんですが・・・(;^ω^)

No title そふぃーおばさん : 2012/01/23 (月) 23:50:26 修正

こんばんは♪
東京では「マック」、関西に行くと「マクド」
呼び方の境目がどこか気になります(^_^;)

フェレパパさま まんがいんく : 2012/01/23 (月) 22:54:24 修正

着払いでよろしければ、ホントにお贈りしますよ(´^ω^`)
正直チルドやら冷凍は高いので、送料には困りものなんですよね。

ケーキの写真は、作ったら撮るつもりですが、ちょっと演出にも凝ってみたいもんですね。

No title フェレパパ : 2012/01/23 (月) 22:44:33 修正

今晩は^^
いつもありがとうです。

ケーキ出来ましたら、滋賀まで送ってくださいな!笑!
楽しみに写真まってます。
2ヶ月に一度だけのペースでマドレーヌを焼いています^^ポチッと!

松井さま まんがいんく : 2012/01/23 (月) 22:41:32 修正

ワタシも見たときに・・・「Σ(o゚ω゚o)ハッ・・・」と思いました。

これは似てるぞ、と。
造形が似てるって言うより、なんだか全体的な雰囲気が似てるなぁ・・・と

不気味で、ユーモラスな感じが。

kaminomoribitoさま まんがいんく : 2012/01/23 (月) 22:39:57 修正

ええまあ、実体験も多少は含まれているので・・・(;^ω^)

でも、元町にマクドナルドがあったかどうかは、「あったような気がするなぁ・・・?」だったので、ちゃんとネットで調べました。
それを見て、あ、そっか、そおいえばあったなぁ・・・って思い出しました。
けっこうあの辺はウロウロしてたんですよ、去年は二回ほど。

えりさま まんがいんく : 2012/01/23 (月) 22:37:13 修正

いいバレンタインにしたいと思ってます。

毎年なぜかクリスマスよりも気合が入るのがバレンタインなんですよ。

12/25は誰かさんの誕生日なのにも関わらずね(;^ω^)

ぱんだわぐりさま まんがいんく : 2012/01/23 (月) 22:35:44 修正

はい、アップするつもりです。
普段アウトドア派なワタシですが、2月はインドアのほうが忙しそうです。
たぶん、料理とお菓子とそれとお話の三本立・・・だったらいいなぁ・・・

また、いろいろ愚痴ってしまいそう。

お話はこれからも読みやすさを心がけますね。

かえるママさま まんがいんく : 2012/01/23 (月) 22:33:48 修正

そうですねぇ・・・昨年みたいに、いろいろは作らないと思います。
チョコレートケーキを一発作ったらそれだけでしょう。

クッキーも焼きたいな、パンも焼きたいな、いろいろ考えているんですが、考えている時が一番楽しいです。

No title 松井大門 : 2012/01/23 (月) 22:05:09 修正

はははにてるううううううううう~~~

こんにちはです。 kaminomoribito : 2012/01/23 (月) 18:57:44 修正

やっぱ凄いわ! まんがいんくさん・・。
ボクには想いもつかない光景が溢れてるよ(*'▽'*)♪

No title えり : 2012/01/23 (月) 17:19:23 修正

チョコレートケーキ、頑張ってください♡
この前、メリル・ストリープ主演の映画『恋するベーカリー』をたまたまテレビで観ていて、その中に登場するチョコレートケーキがあまりにもおいしそうだったので、思わず買いに走ってしまいました。
すてきなバレンタインになるといいですね。

No title ぱんだわぐり : 2012/01/23 (月) 16:38:32 修正

試作って大事ですよね!!
チョコレートケーキ、作ったら写真アップ
してくださいね~。

小説は読みやすくて♪
言葉がすんなり頭に入ってくる感じです☆

No title かえるママ21 : 2012/01/23 (月) 10:46:01 修正

チョコレートケーキのお試し!作ったらアップして下さいね。楽しみにしてます。
色々と何種類も作るのかな?

結末に影響を与えないように、小説へのコメントは控えますね。(o^^o)

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。