スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1376回「はじめて【おつかい】した時の事、覚えてる?」

トラックバックテーマ 第1376回「はじめて【おつかい】した時の事、覚えてる?」



まったく、覚えていません。
そもそもおつかいしたことあるのかさえ疑問です。

でも、一人でふらふら出歩くのはワタシのサガだったようで、よくどこかに出かけては、オトナの人に送り返されるということを繰り返していたみたいです。
ある意味、勝手な自主的「はじめてのおつかい」みたいな感じですね。

田舎のおじいちゃんちに行っては、塩田まで出張です。
当時の瀬戸内海にはまだたくさん塩田があったので、何が面白かったのか、ふらふらふらふら歩いて行っていたみたいです。
距離にして、おそらくは3~4kmもあったんじゃないでしょうか?
小学校に上がる前の子供にしては異常な健脚ぶりです(;^ω^)

塩田の脇の畦を歩き、塩炊き小屋に入っては、塩が炊き上がるのをじっと見つめていたそうです。

変なガキ・・・オトナはきっとそう思ったことでしょうね。
ワタシ自身、そう思いますもん。

家にいる時も、結構ふらふら出歩いてたようで・・・

近所のちっちゃいショッピングモールみたいなところに出かけては、エスカレーターで遊んでいたり。
神戸が坂の多いところだっていうのはみなさんご存知かもしれませんが、その本当に小さなファッションモールも、坂の傾斜の上に建てられていて、ずーっとビルが続いているんですが、細長いそのモールの中にはいくつもエスカレーターがあって、そこで、ワタシたちは日がな一日、エスカレーターを逆走して遊んでいたんですよねぇ・・・

そこから、東に向かうと、ちょうど福原の歓楽街で、オトナはそれなりにやばかったりやばくなかったりするところだっていうのは知っていたと思いますが、小さい子供のこと、そんなことはわかりません。

それからずっと行くと、湊川神社。通称楠公さんと呼ばれる、楠木正成公を祭った神社です。
一説によると、江戸時代、大日本史を編纂するため取材に訪れた方が、正成公の栄誉を讃えて建てられた神社だとか。

大日本史は、あの黄門様が始めた事業で、この時取材に訪れたのが、かの佐々助三郎だったと言われています。つまりは、助さんですね。

ま、それからさらに東に行くと、神戸駅。さらに元町通を東に向かうと、元町一丁目、神戸大丸前です。

幼いワタシ、おつかいを頼まれたわけでもないのに、どうも一人でその大丸に向かっちゃったようなのです。
なにせ何十年も前の話だし、ほんの小さな子供だったので細かいシチュエーションはまったく覚えてないんですが、どうやらたどり着き、帰りは近所に住んで大丸に勤めていたオネエさんに送り返されてきたみたいです。

え~~と、距離にして5kmくらいあるにもかかわらずですよ。
子供の小さい歩幅でどこまで行くんだか・・・

どうも、家に母がいなくてどこに行ったんだろうと思って、前に連れていってもらった大丸に行ったらいるかもしれないって思って、行っちゃったみたいなんです。
たぶん、わんわん泣きながら・・・

何かにとらわれると周りが見えなくなる、これって幼い頃からのワタシの気質だったみたいですね。

三つ子の魂百までとは、よく言ったもんです(-_-;)
DSC00735.jpg



ワタシの生まれた土地は、新開地と言います。
新・・・と言いながら、ワタシが生まれた時にはもう随分寂れていた感じがありました。
東の三宮・元町に対抗して新たな繁華街を作ろうとしたのかもしれませんが、ちっとも発展しないでそのままになったようです。

今行ってもなにか中途半端な感じのする場所ですが、ワタシがいた頃のような、下町の雰囲気はもうありません。

新開地の北側が湊川。
湊川は、歴史にもたびたび登場する地名で、実際に平清盛が遷都したのは、この湊川・新開地・福原辺りだったようです。
大輪田の泊と呼ばれた兵庫港からさほど離れていないその地に、都の機能を全て移そうとしたようですが、志半ばで清盛は亡くなったしまったわけです。

そういえば清盛の死因は、マラリアだそうですね。

マラリア原虫をその腹の中に持っている蚊、ハマダラカというそうですが、それが日本にもいたとは驚きです。
もしかしたら、当時、平安時代の日本は今よりももっと暖かかったんでしょうか?
それとも、海の男であった清盛は遙か南洋でマラリアをもらってきてしまったんでしょうか?

う~~ん、不思議ですね。
調べればわかるのかもしれませんが、ここはなぞのままおいておくほうが面白そうなので、そうします。

大河ドラマ平清盛、何か苦戦している様子です。
ちょっとストーリー的にあざとい感じは拭えませんが、変なドラマよりはずっと面白いと思うんですけどね。
歴史の勉強にもなりますし。

今回は馴染みの場所も多いですから(江はあまり馴染みがなくて見てませんでした)、あまり見逃さないようにしていきたいと思っています。
関連記事

コメント

もぐらさま まんがいんく : 2012/02/20 (月) 00:03:49 修正

あり得ない距離を動く、ってやっぱり長じてからもそんなことばかりしています。

一日千キロ近く運転してみたり・・・

こんばんは。 もぐら~ : 2012/02/18 (土) 22:35:26 修正

はじめまして。
子供ではありえない距離ですね、それが何度もとは(笑
大河はもぐらも見てます。結構楽しく見てますけどいろいろ言う人多いですよね~

弘美さま まんがいんく : 2012/02/18 (土) 09:33:03 修正

オトナじゃないんだから、間違えたからといって怒るのはホント、大人気ないですね。
まあ、おとなになってもおつかいできない人も多いですので、めんどくさい時は自分で行ってます。

コピーくらい、ちゃんととってほしいんだけどな・・・(^^ゞ

きぼう丸さま まんがいんく : 2012/02/18 (土) 09:30:55 修正

ワタシは未だ糸の切れた凧です。
ともすれば、どこでもふらふらと飛んでいってしまいます。
フットワークが軽いとも言えますが、とにかくじっとしていられないのです。

身体は動かなくても、精神はふらふらどこかに飛んでいってしまいます。
そのうち幽体離脱して帰ってこなくなるかもしれません(;^ω^)

 弘美 : 2012/02/18 (土) 05:00:35 修正

初めてのおつかい、覚えてます。
小学校4年の時です。近所の豆腐屋さんでした。
大人がちゃんと相手してくれるのか、ビクビクしました。
それで絹と木綿を間違えて怒られました。
それ以来、母親がボクにおつかいさせるとき、必ずメモを手渡すようになりました。

 きぼう丸 : 2012/02/18 (土) 02:28:45 修正

あたしもはじめてのおつかいなんて
あまりにも遠いので全く覚えていません・・・w

あたしは反対で臆病な子で親の側を離れなかったし、
転びたくないのでノロノロ歩いていました。
そんな事を言うとみんな信じてくれません。

はい、ええざわちょう・・・だったんですけど・・・ まんがいんく : 2012/02/18 (土) 01:21:18 修正

もう、この地名はないらしいです。
生まれた病院もないと思う。

まっ、ワタシも大阪のことあんまり知りませんから似たようなもんですよ。

はい、清盛の死因はマラリアだそうで・・・ちょっと不思議な感じがしたんですよ。
マラリアって、あったんだ・・・ってね。

 かのん : 2012/02/18 (土) 00:00:35 修正

神戸出身やっておっしゃってましたけど あの辺に住んではったんですね
まあ 私は大阪人ですから あんまり詳しくないですけどなんとなくイメージで・・・

清盛 私も見てますよ あの時代の歴史はなぜか好きです  
清盛の死因ってマラリアなのですね 熱病でって言うのは記憶にあったのですが・・・勉強になります(^^)
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。