スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1382回「車での座席はどこが一番好き?」

トラックバックテーマ 第1382回「車での座席はどこが一番好き?」



もちろん運転席。

なんとなれば、一番死ぬ確率が低い(;^ω^)
というのは冗談だけど、たぶん、一番車酔いしにくいのが運転席だと思う。

ワタシの三半規管はあんまり性能がよくない。
バランス感覚はないし、そのくせ過敏に車酔いとか、船酔いとかしまくりで。

一番最初に、小樽~舞鶴間の船に乗ったときは、当時まだあんまり早い船が導入されていなかったせいで、船中二泊。
おまけにけっこう海が荒れていたので、吐くまでにはならないものの、ずっと身体が重たくて仕方なくて。
とりあえず、トレーニング室でエアロバイクやら何やらして時間を潰そうと思ったのだけれど、基本本当に集中しないとじっとしていられない性格はいかんともしがたく、重い頭を抱えながら、船中をさまよっていたのだった。

これが、サスペンスドラマならなにか事件が起きて、我々を楽しませてくれるのだろうが、結局そんな事件は起きるわけもなく、悶々と長い時間を潰すことになってしまった。
今なら、陸に近くなればケータイが使えたりするので、暇つぶしにもなるのだけれど、当時はやっぱり、そんなものもなく、お風呂に入れば、造波風呂ってちょっと楽しんだりもしたのだが、結局そんなオフロに入っても落ち着くわけもなく、もう、乾かすのもめんどくさいやぁ、で船の一人旅ってきっついなぁ、と思ったワタシである。

今なら、逆に割りと楽しめるんじゃないかと思うのだけれど・・・もう、オンナとして乗っちゃうし。

ちょっと話が脱線したからもとに戻すと、その最初の船旅で、地上に降りた時にはすっかり地面が揺れていた。
明るいうちに着いてラクショーとか思っていたものが実際に着いたのは20時を回ってしまって、ワタシは車なので別にいいのだけれど、たくさん困っている人が出てしまった。
カーフェリーなので、乗客の7~8割は、車に乗ってきた人が多く、その人達は少々日程がきつくなるくらいでまあよかったのだろうが、問題は残された人々である。
舞鶴近辺で泊まる人、泊まれる人はよい。
問題は、瀬戸内海側まで出ようという人々だ。

そんな時間帯から移動しても、田舎の電車、いや汽車では、もう絶対に辿り着かない。
せいぜい、福知山ぐらいまで移動できるのが関の山で、結局はそれだとそこで泊りということになる。
福知山が舞鶴に比べて宿泊施設がたくさんあるかというと、絶対にそんなことはない。

なので、困っている人が多く出てしまったのである。
寝袋に大型ザックのバックパッカーの人ならよい、一応、緊急時だから待合室でじゃまにならないように寝させてもらうってこともできるだろう。
ただ、やはり、若い女性ならバックパッカーにしてもそんな所で眠るのは危険である。

で、たまたまワタシの近くにもその困っている女性が二人ほどいて、どこまで帰るのかと聞くと、神戸の灘の方まで帰るらしい。
ワタシの実家は北区だったから、六甲の表側までは行かないのだが、どうせ120km以上移動するのだ、あと10kmほど増えても大したことはない、ということで送っていった。

その後、実は舞鶴道が積雪のため通行止めで、道がはっきりわからず、えらい目にあってようやくたどり着いたら日が変わってしまっていたのだが、とりあえずは送り届けることができた。

船酔い+運転疲れで、家について団地の階段を登るとき、もうあっちにふらふらこっちにふらふらとまるで酔っぱらいが千鳥足で歩くみたいな歩きで、やっとの思いで家についたら、鍵が閉まってて・・・

ってな、遅くなるって連絡したやろがァ・・・(*`д´)

ひとしきりどんどんやったら母親が起きてきて玄関を開けて、遅かったなと一言・・・遅くなるゆうたやろぉ・・・

後日、かの女性二人からは、みかんが一箱送られてきた。
なんでも、実家が愛媛らしい。
と言っても、ワタシはちょっと食べただけで、あとはほとんど母が食ってしまったらしい。
だって、こっちも正月の帰省で年が明けたらすぐ帰ったんだもの。

あ・・・なんで、船の話なんかしてるんだ? ワタシ。

あ・・・そうそう、車の座席はどこが一番好きかってことだったよね?

もちろん運転席。

ってこのまま書いたら話がループしそうなので、別の展開にしよう。

簡単に言うと、助手席は酔うのである。
人に、こっちが運転して頑張ってんのに寝るなよ、ってよく言うのだが、ワタシも寝る人なので、大きなことは言えないのだ。
酔わなければいいが、ずっと我慢してるとやっぱり酔ってしまうので、寝るほうが安全なのである。
もちろん、襲ってこない相手、であらばこそなのだが。

後ろは窮屈だから嫌いである。
それに、後ろに押しやられると、一番じゃないんだ、って気もして嫌なのだ。
だいたい、事故のときは後席のほうが危険だから、安全のために後ろの席に、っていうのがよくわからない。
今の車、助手席にもエアバッグがついていたりするし、そりゃ高級な車なら後席にもエアバッグがあるのだけれど、やはり状況もわからなくて怖い気がする。

だから、ワタシが運転して、後席にも人を乗せるときは一番大事な人をなるべく助手席に乗せることにしている。助手席に子供が乗ることはまずないと思うから、これでいいのである。
仲良し四人組(実際は四人も揃わないが)で移動となると、助手席の争奪戦が起きるかもしれない・・・ってそんなことはないか、そんなにワタシを好きな人っていないかもしれないし・・・(;^ω^)DSC00880.jpg



ワタシは運転席が好きなので、とにかく運転しなければならない。
だって、運転しないと車は進まないものだから。

人が乗っていると、なるべくなら、相手が退屈しないように、なるべくなら移動中に気分が悪くなったりしないように運転することにしている。

急ブレーキ、急発進は絶対にしない。
信号で停まるときも、なるべくショックの無いように静かに止まっているつもりである。

一人で運転している時のように、ワインディングでも無理はしない。
カーブの途中でブレーキを踏まなければいけないような運転はしないし、Gが必要以上にかかるような運転もしない。

昔、助手席で、ヒェっ! って目にあったから、どんな人であっても、大抵の場合は助手席に乗るのは友だち以上の人だから、怖い思いはさせたくないのである。

ん?

昔乗せた女性?

それは、もちろん、後席に乗ってもらいましたよ。
だって、姉妹二人組だったし・・・見ず知らずの女性ですからね。

ん?本音?

ええまあ、そりゃ、男じゃなかったですしね(´∀`)
助手席に載せる必要・・・ないでしょ?
関連記事

コメント

tookoさま(*^m^) まんがいんく : 2012/03/03 (土) 11:40:03 修正

全然大丈夫ですよ。
長距離だと酔うだけだし、ワインディングよりもストップアンドゴーの荒い運転のほうが酔います。
基本、ああいう運転の人は同乗者に気を遣いませんから。

峠を攻めるだとか、林道を攻めるだとかのときは別にいいですけど、隣には乗りたくないですね。
ワタシも林道を攻めたりしていたのでわかりますし、人が乗っているときは絶対にやらない運転とかがありましたよ。

急ブレーキのドリフトとか。

よきちのひろさま まんがいんく : 2012/03/03 (土) 11:36:31 修正

成人式の着物も初々しくていいですよ。
ただ、裾が短めで歩きやすさを追求してるなぁ・・・って思います。
実際かなり歩きにくいものですから、着物は。

ケロさま まんがいんく : 2012/03/03 (土) 11:33:01 修正

いいでしょ、モデルさんが(^▽^*)

ちょうど、自分たちの写真をデジカメで撮ったものをみんなで覗き込んだところでワンショットいただきました。

写真的にはモノクロでもいいんですけど、やっぱり着物だから、綺麗な色も見せたかったんです。

もしかして K-tooko : 2012/03/01 (木) 21:48:13 修正

三瀬むらの山奥へ珈琲を飲みに行った時
大丈夫でしたか?
あの 細いくねくね道。
また佐賀に見えたら 
お連れしようと思っていたのですが^^;

 ケロ : 2012/03/01 (木) 21:00:35 修正

もちろん、僕も運転席!
昔は、自分で運転しないと怖くて(-_-;)
今はそうでもないですけどね。

話しは変わって、とても素敵な写真です♪

ぴりかインクさま・こんにちは よきちのひろ : 2012/03/01 (木) 16:10:10 修正

写真いいですね・・しばらく眺めました。
成人式のエリマキトカゲ調のショール和服と違って、いいですね。
女性を大好きですが、着物姿はまだ好きです。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。