FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ったおじさんたち

先日、昼の職場で。

久々におじさんが手伝いに来た。
基本、仕事ができないので、あまり好きではないのだが、たまには猫の手も借りたいくらい忙しいこともある。
ごくたまに・・・だけど(-_-;)

とりあえず、人足くらいにはなる。
なにせ、あまりにいい加減なので、フォークリフトに乗るな、と指令が出たくらいだ。
そこら辺のものにぶつかって、モノは壊すわ、商品はひっくり返すわ、おまけに一番やっちゃいけない、人と接触しそうになるわで、もう乗せるなってことになったのだ。
だから、よっぽどのことがないと乗せないし、誰も怖がって近くには寄らない。
それくらいな人。

基本悪い人ではないと思うのだが、何事も思慮が足りない。
ちゃんと筋道立てて考えることが難しいし、不器用で、かなり頭が固い。
何かと言えば「まあええやろ」でちっともよくないのに、そう言っちゃうのだ。

事務仕事をやらせても全然ダメで、下手するとあとで大変なことになっているのをワタシが尻拭いさせられるかもしれないと思って、戦々恐々な心境である。

だから、基本、人足仕事しかさせられない。
すでにご年配にもかかわらずね。

口で文句を言う割には仕事はするので、まあ使えないことはない・・・んだけど。

仕事は馬鹿と鋏は使いよう、なので、いいんだけど・・・

この人、ホントにデリカシーもないのだ。
何でも先入観でモノを見るし。
記憶力ないくせに・・・

うちの会社では、ワタシの本当の性別のことを知っている人間はワタシを除いて三人しかいない。

ワタシは、女性として仕事をしているし、おまけに同じ工場の中で働いているのは、ウチの会社の協力企業でそちらのほうが人数が多いし、女性もたくさん働いているので、ワタシにとって性別のことが知れ渡るのは非常に都合が悪い。

トイレはまだしも、半ば以上女性の体であるにもかかわらず、更衣室が使えない、これは大きい。トイレだって、男子トイレに入るのはもうすごく抵抗がある。
トイレの構造なんてさほど変わらないにもかかわらず嫌なものは嫌だ。
別現場の鉄工所に出向く時があるが、そこには女子トイレは一つしかなく、それも事務所内にあるので相当歩くし、関係者に遠慮しながらトイレを使わせてもらうのは気が重い、だから、男子トイレを使うのだけれど、アレだって嫌なもんである。
同時に使っている人が誰もいないとしてもね。

知ってるのは社長・№2・このおじさんの三人である。
前の二人はワタシをいじることはあるけれど、本質的に見た目で女性扱いではある。
根本的なことを軽はずみには言わない。
もともと♂であることがバレた時も、その後も扱いは同じで何も変わりはなかった。

ただ、ちょっと引越しの時で揉めたときにこのおじさんのところに一時避難することになるかもということで、社長のほうがつい話してしまったのが運の尽き。
時々何かと無神経に男扱いしてくるのだね・・・この人。

人が見てないところならいい。
二人しかいないなら・・・休み時間で周りに誰もいない時ならまだいいのだけど・・・

話は休み時間が終わりかかり人が帰ってきてもまだ続いている・・・

この間、夜の仕事を始めるよ、って話になり、バーテンをやるよって言うと・・・
「そっか・・・男なら時給いいほうだろう・・・」って言いやがった(*`д´)

あのな、ワタシは男として働くんじゃない、ニューハーフとして女の子扱いで働くわけでもない。
あくまでワタシがやるのはバーテンダーという専門職(まあ素人に毛が生えた程度なんだが)で、男も女も関係ない仕事をするんだ・・・っ言っても・・・まだ。

「男として・・・云々」って言いやがる(*`益´*)

それを口に出してここの人たちにわかると、ワタシの素性がややこしいことになって仕事が円滑に進まんようになるよ、と軽くたしなめたんだけれど、他の人が戻ってきてもまだぶつぶつ・・・

余りにも空気が読めないので、仕方ない・・・

「殺すよ!(# ゚Д゚)」
ってその場を〆た。

ホント、空気よめないバカは困る。
ハサミで切られたくなければその馬鹿な口をふさげ、そして、荷物だけ運んでろ。
できたらワタシの前から消えてくれ・・・マジでそう思うワタシであった(T_T)DSC00906.jpg

すみません、つい言葉が悪くなってしまってます。
こういうのはワタシの死活問題でもありますし、会社の信用にも関わることなので、言わぬが花というものなんです。

もう、還暦を迎えたオトナなら当然わかっててしかるべきだと思ったんですが・・・わかってないようです(T_T)

ところで、腰痛で一週間休んだもうひとりのおじさんも帰ってきました。
まあ、ワタシから見れば一個しか変わらないので、おじさんというとかわいそうなんだけど、例のおじさんとあまり変わらず、頭が非常に固いので、似たようなものかと・・・(;^ω^)

はっきり言ってまだ痛いらしく、全く作業ができない状態で、今はフォークリフトだけをやってもらっています。
モウマンタイどころか、こっちも大問題。
3人で作業を回さなくてはならないのに、結局2人で作業しているので、進みません。
準備すら参加できる余裕が無いようです。

困った・・・

そもそもが、ウチでの作業中にやった疾病ではなくて、もともとヘルニア持ちだったにも関わらず、アルバイトで無理をしてやっちゃったわけで・・・
しわ寄せがタップリこちらに来てます。

ウチの現場でやったものであれば、ああ、気の毒だね・・・って同情してもいいんですけど、それはちょっと同情の余地がありません。
しかも、復帰してすみませんでしたのヒトコトもなく・・・

もうね、冷たくあしらうしかない。
怒るにしても頭ごなしです。
だって、やってることが子供と一緒なんですから・・・突っ込んだら言い訳しか帰ってこないし、言い訳なんか聞いても意味がない。
だって、ここは学校じゃなくて、仕事場なんですから。

知らねーって投げ出したいのはこっちです。゚(PД`q。)゚。
関連記事

コメント

いますよ。うちにも K-tooko : 2012/03/12 (月) 23:26:50 修正

再雇用のOBさん。
かつては、課長だったプライドが 今もそのまま。
若い職員を捕まえては、「我々の頃は・・・・」と延々に語りだす。
語り出したら止まらない。
空気が読めないのだから止めようがない。
肝心な仕事は、ま~ったく。
どうやら 再雇用を勘違いをされているようです。
彼に高い給料を払うより
新人を3名雇う方が どれほど活性化につながるだろう。
今日も 彼の熱弁を聞きながら そう思いました。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。